講習会 Feed

2017年6月16日 (金)

GHC Wetlab 2017~心臓の解剖を学ぼう~

2017年6月14日、岐阜ハートセンターハートホールに於きまして、手術に関わらないコメディカルにもっと心臓を理解してもらうため、実際の豚の心臓を触りながら心臓の構造の勉強会を行いました。

指導は心臓血管外科部長の加藤貴吉先生、コメディカルの指導は、副院長の富田伸司先生他、全心臓血管外科医師、そして循環器内科の医師も多数加わり、手術室の看護師、臨床工学技士など総出で指導しました。

なかなかできない豪華メンバーでした。

先ずは表面解剖、そして豚の心臓をはさみで切り開き内部構造の確認、内部構造の弁の状態などを経験者が説明。

実技としてバイパス手術、弁置換が行われました。

参加者に感想を聞くと、「意外に面白く参考になり、今後の業務に役立つ。」コメントでした。

勉強会の様子

Wet1__0852 経験者が各テーブルにつき詳細に説明

Wet2_0860 

 

2017年2月13日 (月)

「医療安全講習会」 講師:奈良総合医療センター 総長 上田裕一 先生

平成29年2月10日、岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして「医療安全講習会」を開催いたしました。

講師は、地方独立行政法人 奈良県立病院機構 奈良総合医療センター総長 上田裕一 先生。

テーマは「院内感染事故調査委員会にかかわった経験から」

上田裕一先生は医療事故調査のベテランで群馬大学医学部附属病院事故調査会の委員長を務められました。

”医療事故調査制度とは”の説明をしていただき、医療安全推進のための提言、医療事故に対する基本姿勢などを分かり易く講演していただきました。

講演される上田裕一先生

Ueda_dr_7401

講演内容         医療事故調査報告書を読むべき(QRコードで報告書にジャンプ)

Lecture6

20170210_qr_cord2

全員参加の講習会(参加できなかったメンバーはビデオ参加)

Audience_7402

2017年1月24日 (火)

感染対策講習会「感染対策から栄養管理多臓器不全まで」

平成29年1月20日、岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして岐阜ハートセンター感染委員会主催の感染対策講習会を開催いたしました。

講師は山梨大学医学部集中治療医学講座の松田兼一先生。

テーマは「感染対策から栄養管理 多臓器不全管理まで」

感染対策講習会は従業員全員参加で、業務上参加できなかった人はビデオ参加いたしました。

講演される松田兼一先生

Dr_matsuda201701201759481

Dr_matsuda201701201759482

質疑応答と参加した従業員

Audia_7054

2016年6月10日 (金)

心臓核医学(RI)検査、院内勉強会開催

岐阜ハートセンターでは患者さまに対して侵襲性が少ない検査を行うため、全国でも導入数が少ない、岐阜県では初めての高精度の心臓用半導体SPECTシステム ”D-spect”を導入いたします。

7月からの実施に向け、院内で心臓核医学(RI)検査に関する勉強会を開催いたしました。

講師は岐阜ハートセンター循環器内科部長 川村一太先生

1.心臓核医学とは、2.RI検査で何がわかるのか、3.検査結果をどのように解読するのか、4.RI検査の有効性は何か、5.オーダーの流れについて、

会場のハートホールは満員でした。

Ri_insp_1613

心臓核医学(RI)検査説明パンフレット

Ri_1

Ri_2

2016年3月30日 (水)

接遇研修会「医療機関における接遇の基本と電話対応」

平成28年3月29日(火)全従業員を対象に接遇研修会を開催いたしました。

講師は接遇マナーインストラクター、メディカル接遇コンサルタントの鵜飼昌子先生。

テーマは「医療機関における接遇の基本と電話対応」

ホスピタリティマインドはサービスの基本。挨拶の仕方、表情、身だしなみ、言葉づかい、態度等のお話しをしていただきました。

また、電話対応についても具体的に説明頂き、有意義な時間でした。

Ukai2__0296

Audi_0297

2015年9月29日 (火)

平成27年 医療安全講習会開催

平成27年9月10日、17日、24日全職員対象に平成27年度第一回の医療安全講習会が開催されました。今回は、3グループ各8組に分かれKYT(危険予知トレーニング)を行いました。

事例は

「歩行介助」ベッド上安静が続いていた70歳の患者さんが数日ぶりに歩行を開始することになりました。輸液架台を押しながら廊下を歩くという設定でした。

この状態に対し、グループごとにディスカッションし、問題点のピックアップ、危険度の大きさの確認、対応策、グループ全体で意見の統一、まとめ、結果発表を行いました。

各チーム共に活発な意見交換ができ、グループの融合も図れ、良いKYT訓練ができました。

9月10日のグループ

910_7553

910_7554

910_7564

 

 

 

 

  

 

 

9月17日のグループ

917_7746

917_7760

917_7777

 

 

 

  

 

 

 

9月24日のグループ

924_7799

924_7800

924_7802

2014年12月22日 (月)

GHC講演会「南海トラフ大震災への準備と行動指針」大垣市民病院 山口 均救命救急センター部長

平成26年11月19日 岐阜ハートセンターハートホールにおきまして大垣市民病院救急救命センター部長の山口 均先生による講演会が開催されました。

テーマは、・血液浄化のup-to date

            ・南海トラフ大地震への準備と行動指針

地震への対応として

部門間での指揮命令系統及び横の連携も大切である事及び3つの安全確保が大切である。

3つの安全とは

・自己の安全確保

・現場・環境の安全確保

・負傷者の安全確保

♡講演頂いた山口均先生

Dryamaguchi1768

Dryamaguchi1780

3safety1776

続きを読む »

2013年12月11日 (水)

岐阜ハートセンターでの看護学実習−12.13

  2013年11月5日~12月6日までの4週間、岐阜保健短期大学看護学部3年4名が、岐阜ハートセンターで看護学実習を行いました。

 今回は、「疾病の急性期にある成人期を生きる対象者とその家族を理解し、看護の方法の実際を学ぶ」ことが目的である成人看護学実習Ⅰと、「健康問題をもつ複数の対象者への援助を通して、看護がチーム医療の中でどのように展開され、継続していくかを理解する。また、実践場面の分析をもとに、看護管理の視点に基づき、看護者に期待される役割を理解し、自己の知識・役割・技術・態度について、今後の学習課題を明確にする」ことが目的である統合実習でした。 

 成人看護学実習Ⅰでは、心臓手術や急性心筋梗塞で緊急搬送された患者様を担当させて頂き一連の看護を学びました。 実際に患者様が手術に出られる際は同行し、患者様の不安やご家族の心配に対する看護の難しさを学び、退院を控えた患者様には、退院後の生活を考えた生活指導などグループ内で話し合い、より良い援助を考えました。

 統合実習では、複数の患者様を受け持ち、安全、優先順位、時間管理を考慮した看護ケアのマネージメントを学びました。また、看護副部長や看護師長の管理者による講義に加え、話を聞いてみたいスタッフへのインタビューから、組織としての目的を達成させるための看護サービスについても学び、看護師としての責任と自覚を養うことができました。

 本当に様々な経験が、大きな成長へ繋がりました。4週間を終えた感想は、「患者様に寄り添い、思いを理解することができた」「色々な看護師の看護観を聞き、自分の看護観に反映することができた」などでした。

 実習初めには不安でガチガチだった表情も終了時には、達成感に満ちた素敵な笑顔となりました。 

 国家試験に全員が合格して、来春からはそれぞれの場で活躍されることを心からお祈り致します。

Fujita_3585

Fujita_1056

2013年10月11日 (金)

2013年度第1回院内感染対策講習会開催

平成25年10月10日 18:30より当院院長出席のもと従業員全員を対象とした院内感染対策講習会を開催いたしました。院内感染を未然に防止するため参加者全員が真剣に聴講していました。

第1部はテルモ株式会社学術情報部の酒井麻記先生の講演。

テーマは「安全な輸液投与環境~カテーテル関連感染予防ガイドラインについて~」

感染予防の具体的なポイントとして

1.手洗い

2.CVC挿入中のフルバリアプリコーション

3.クロロヘキシジンによる皮膚消毒

4.できる限り大腿を避ける

5.不必要なカテーテルを抜去する。

これらを単独ではなく、3~5つ束ねて(バンドル:Bundle)実行することでより効果的になる。

第2部は 手指衛生について

参加者全員の手指の汚れ実情を確認してもらい、手洗い、アルコール消毒の重要性を再認識してもらいました。

感染対策講習会の風景

A1_dsc_0494

A1_dsc_0501

A2dsc_0502

B1_dsc_0496

 

2013年3月 6日 (水)

医療安全講習会

平成25年2月28日 岐阜ハートセンター ハートホールにおいて三重大学医学部附属病院 医療安全・感染管理部の兼児敏浩先生をお招きし、従業員全員を対象として、医療安全講習会を開催いたしました。 

事前に、当院のインシデント・アクシデントの事例を報告し、それに対する先生の広い見地からのコメントをいただきました。

講演のテーマは「医療安全 up-to-date ~内服・点滴に関する医療安全~

講演内容は以下の7項目についてお話しいただきました。 

1.岐阜ハートセンターのインシデント・アクシデント事例の考察

2.インスリンのインシデントアクシデントの事例

3.1999年から14年間のインシデントアクシデントの報告状況

4.ヒューマンエラーについての考え

5.医療におけるノンテクニカルスキル

6.ノンテクニカルスキルを研く(磨く)ためには

7.三重大学モデルについて

当院職員全員受講のためビデオ撮影をさせていただき、受講できなかった職員にはビデオ受講を予定しています。

Anzen_0097


Dr_kaniko_0094S_kaneko2S_kaneko2_2