« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

のむら しげ代 コラージュ展開催(11月1日より12月下旬)

11月始めより12月下旬の間岐阜ハートセンターギャラリーにて「のむらしげ代コラージュ展」を開催いたします。

Nomura_5_2

Img_0014

Nomura2

作者の言葉

感じるままに、心のままに、明日に向う勇気と情熱を数々の色や形で表現したコラージュです。

画業40年、子供たちと絵を描き、創作の日々、ふりむけば「道」がひとすじ・・・

色とりどりの色彩にかこまれ、たくさんの八一卜&八一卜心やすらぐ作品群たち、ダイナミックな構図パワーに満ち溢れる伸びやかなイメージの世界,,現代アートと和のやさしい八一モニー。

ごらん頂いた方に癒しのメッセージが少しでもお伝えできれば幸いに思います。

2009年10月20日 (火)

NHK趣味の園芸 野菜の時間に出演の富田心臓外科部長です!

野菜の時間に出演した富田先生の写真を入手しました。御覧下さい。

006_3

016_3

2009年10月16日 (金)

生活習慣病講演会「糖尿病・メタボリックシンドロームと糖質制限食」江部康二先生

平成21年10月10日 岐阜駅前じゅうろくプラザ5F大会議室にて生活習慣病講演会を開催いたしました。

演者は財団法人 高尾病院理事長の江部康二先生です。

江部康二先生は「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」等、現代病を治す糖質制限食に関して多くの著書を出されています。

循環器疾患をお持ちの患者様には糖尿病を患っている方も多く、これらの方々に、薬を最小限に抑えることができる糖質制限食を紹介したく、講演をお願いしたところ、快く、お引き受け頂き、今回の講演会を開催することができました。江部先生ありがとうございました。

会場も満員で、素晴らしいお話を聞くことができました。また、講演後も多くの質問が出、糖質制限食の関心の深さが伺われました。

Ebe1_3

今回の講演でお話頂いた中で印象に残ったのは

食後の急激な高血糖が原因で血管内壁にダメージを与える。これを避けるために、糖質を制限するのが良い。

糖質を制限するには血糖に変化する速度が速い炭水化物を避けたほうが良い。

右下図がそのイメージ図です。

当院でも、糖質制限食の導入検討を始めることになりました。

さしあたって、12月2日の栄養教室で糖質制限食の紹介を行います。

岐阜ハートセンターの外来待合、ハートホール図書館に江部先生の書かれた本を置いてあります。

今回、講演会に参加できなかった方、詳細は江部先生の執筆されている本をご覧下さい。

Ebe3_4 Spike_4

Ebe_a_4 Ebe_b_3 Ebe_c_3

2009年10月 7日 (水)

第6回栄養教室「便秘解消法」 11月2日(月)開催

Photo 第6回栄養教室が開催されました。

日時: 11月2日(月) 14:30~15:30

場所: 岐阜ハートセンター1階 ハートホール

試食も用意いたしました。

Tasting1102_2

どなたでも、無料で参加できます。

第7回は12月2日(水)「糖質制限食について」

写真は11月2日の栄養教室

Nutrition

当日ご説明いたしました資料は下のPDFをクリックしてください。

relief_of_constipation.pdfをダウンロード

2009年10月 5日 (月)

第5回栄養教室「脂質異常症の食事と予防」 10月2日(金)開催

10月2日(金)第5回栄養教室が開催されました。

今回のテーマは「脂質異常症の食事と予防」について説明いたしました。

HDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールがメイン。

いかにLDLコレステロールを下げるか!

野菜を食べ、一日1万歩を目標に歩く。

詳細は、当日の説明資料をご覧下さい。lipid_abnormality.pdfをダウンロード

20091002_2

Photo Tasting

2009年10月 1日 (木)

もうすぐ江部康二先生の講演会です。

もうすぐ江部康二先生の講演会です。

10月10日 午後6時から岐阜駅のじゅうろくプラザで開催されます。

参加は無料ですが、入場には整理券をお配りしています。

岐阜ハートセンターにお越しいただくか、お電話を下されば手配いたします。

Photo 先生の御本の中の言葉

「従来の糖尿病治療では糖尿病性の合併症をわずかに30%程度予防できるだけである。」

「心筋梗塞・脳梗塞などのいわゆる大血管病は予防できない。」

は胸の中に鮮烈に飛び込んできました。自分自身のこれまでの臨床経験からもその通りでよく納得できたからです。

糖質制限食を実践されて良くなった患者様が入院することになって糖尿病がかえって悪化した話も、なるほどとうなずける例を経験したことがあります。

最近の経験では、アメリカで2週間毎日ステーキを食べていた時はHbA1Cが7だったのに帰国して3カ月したらHbA1Cが9になってしまった方がいらっしゃいました。

でも糖質制限はどうやったらよいのか?

タンパク質と脂肪ばかりだとかえって動脈硬化に悪いのではないか?

など多くの疑問があると思います。

せっかくの機会ですので今回の講演では

たっぷりと質問時間を取らせていただきました。

是非ご参加ください。