講演会・イベント情報 Feed

2018年8月22日 (水)

ハートの日 in GIFU が開催されました(2Fメインホール)

2018年8月11日(祝日)岐阜駅前、じゅうろくプラザに於きましてハートの日in GIFU

が開催されました。

午前10時から2Fメインホールと5Fサテライト会場でスタートいたしました。

2Fメインホールでは

No1:10:00から10:30「心臓ってなぁ~に?」岐阜ハートセンター循環器内科 三宅 泰次先生

『心臓ってなぁ~に?』は、岐阜ハートセンター循環器内科医長の三宅泰次先生に、心臓の解剖と生理についてご講演を頂きました。スライドを使ったプレゼンテーションが中心の内容ですが、対象は小学5~6年生のお子様ですので、より身近に理解を深めて頂くために、ご参加頂いたお子様と一緒に幾つかの体験型ワークショップを行いました。“心臓の動きを体感する”ことを目的に、会場の医療従事者を始めとするスタッフが手伝っての検脈をしたり、さらにその場で運動をすることにより脈が速くなることをじかに体験しました。

Miyake_5832

Miyake_5841

No2:10:30から11:00 「病院で働く人たち」 岐阜ハートセンター循環器内科 川村 一太 先生

『病院ではたらく人たち』は、岐阜ハートセンター循環器内科部長の川村一太先生にお願いしました。本年も岐阜ハートセンターを舞台に各セクションで活躍する医療従事者を中心とした“病院ではたらく人”について、ビデオと医療従事者へのインタビューを通じて学んで頂きました。現在の医療環境は多様化しており“患者様の病気を治す”工程において、医師以外に沢山の“はたらく人たち”が関わります。それぞれの役割が重要であり“チームで病気に挑む”チーム医療を表現できたと思います。ビデオ学習の他には、実際に医療現場で活躍する医療従事者の中から、『医師』『看護師』『薬剤師』にインタビューを行い『それぞれの職業に就いたきっかけ』『通常業務の内容』『チーム医療でのそれぞれの役割』などを参加者に向けて語って頂きました。

講演される川村一太先生

Kawamura_5864

Kawamura_5872

『薬剤師』 『看護師』

Iwata_5900_2

Kango_5914_2

No3:11:15から12:00「心臓カテーテル手術ってなぁ~に?」

プレゼンター 岐阜ハートセンター循環器内科 平田哲夫先生

オペレーター 岐阜ハートセンター循環器内科 大久保宗則先生、谷垣 徹先生 診療放射線技師 中島 勇気先生

 最後の『心臓カテーテル手術ってなぁ~に?』では、岐阜ハートセンター循環器内科医長の平田哲夫先生にご講演、岐阜ハートセンター循環器内科部長の大久保宗則先生、同医師谷垣 徹先生と診療放射線技師の中島技師に急性心筋梗塞に対するカテーテル手術の実演をしていただきました。これは日本が世界に誇る医療機器メーカーのテルモ社が、若手医師のトレーニングを目的に開発したカテーテルミュレータを使って行いました。もちろん45分と言う限られた時間の中で、手術の全てを伝えられたわけではありませんが、平田哲夫先生にわかりやすく手技を解説していただけたため手術の緊張感や術中に重症不整脈が出現した際にも冷静に対処しつつ、あっという間に閉塞した冠動脈をバルーンとステントを用いて治療する様を診ることが出来ました。

プレゼンをされる平田先生

Hirata_5930

Hirata_5936

カテーテル実技をされる大久保宗則先生、谷垣 徹先生、中島勇気先生

Kateteru_5954

Okubo_tanigaki_5959

No4:12:00から12:30 「なぐちゃんのクイズコーナー:色から学ぶ医学の話」ナグモクリニック総院長 南雲吉則先生

子供たちから”なぐちゃーん”と呼ばれて出てきた南雲先生、クイズ形式で”色から学ぶ食べ物と命の話”をされました。セミが一週間で死んでしまう不思議を知りたくて医師になったそうです。

信号機の色で一番見やすい色は赤、見にくい色は緑。何故でしょうか?

野菜は動物から見にくいように緑色、果物は動物に見つけてもらい種子を遠くに運んでもらいたいから見やすい赤や黄色。

魚の身が赤い魚は有酸素運動で動き回っている魚。カレイやタイは筋肉質の白身。

遺伝子の中には”生きよ!”というものがあり、つらい時でも親に相談すれば親が命を掛けて守ってくれる。

クイズコーナーで講演される南雲先生

Quize59082

Nagumo59087

No5:14:00から14:30「大切な人をまもるための運動」米澤卓郎先生、加藤千恵子先生、倉橋美香トレーナー。

この”命の筋トレ”運動は南雲先生と米澤先生が考えられた酸素をしっかり取り入れる有酸素トレーニングです。歩くことが一番よく、脂肪燃焼にもっともよい。ウォーキングしながら隣の人と話ができる程度の負荷が良い。

Yonezawa_6051

Undou59354

第2の心臓といわれる足のふくらはぎを動かし背中にいるミトコンドリアを活性化するために背中を意識して運動するとよい。

座って行う命の筋トレの方法

①深呼吸:すべて吐いて、大きく吸って これを3回

②手を大きく前に上げみぞおち迄引く これを10回

③座ったままで足踏みを30秒間実施する。手も大きく振るとよい。

①→②→③→30秒休憩 を3クール実施する。

Undou3593511

Undou593512

立って行う命の筋トレの方法

①深呼吸:すべて吐いて、大きく吸って これを3回

②足のかかとを1cm位浮かて戻す。 10回

③肩甲骨を意識し大きく手を振り大きく膝を上げ、足踏みをする。30秒

①→②→③→30秒休憩 を3クール実施する。

Undou3593516

Undou593519

No5:14:30から15:40「命の食事 ―心臓病もガンも認知症も予防できる食事―」

特別講演としましてナグモクリニック総院長 南雲吉則先生に講演して頂きました。

乳がん手術の専門医として非常に多忙の中、講演を快く引き受けていただきました。

ガンは早期発見、早期治療と言われています。原因がわかってきたガンは減少しています。ピロリ菌が原因の胃ガン、肝炎ウイルスが原因の肝臓ガン、ピロマウイルスが原因の子宮頸ガンがあります。のど、肺、食道のガンの原因はたばこです。

ガンにならないようにするには食生活をよくしてメタボにならないようにすることが大切です。

メタボリックシンドロームは次の4つが原因

・ウエストが太い:カロリーの取り過ぎ

           タンパク質や脂肪では太らない。 糖質が結果、脂肪となり太る。

・高血圧:塩の取り過ぎ          

・高血糖:糖の取り過ぎ

        白米、パン、麺、砂糖と小麦粉で作った菓子、ポテトは白物5品目と言

        われ太る原因となり、好ましくない食べ物である。

・高脂血症:油の取り過ぎ

        飽和脂肪酸(脂)室温では固体 牛、豚、鶏の脂

        不飽和脂肪酸(油)室温では液体 オメガ9 オリーブオイル(冷蔵庫で固まる)

                              オメガ6 サラダオイル

                              オメガ3 エゴマオイル、青魚などの油

        エゴマオイルはいろんな面で有効なオイルである。

ガンにならないために好ましくない食事

精製した糖質、悪い油(オメガ6=サラダオイル)、塩・化学調味料

ガンにならないために好ましい食事

完全栄養(ポリフェノール)、オメガ3、甘酒発酵水

講演される南雲先生

Nagumo_6127

Nagumo_6142

Nagumo05469

Nagumo_6138

No6:ハート座談会「大切な人をまもるための運動と食事」

司会:南雲吉則先生、加藤千恵子様

パネリスト:松尾仁司先生、富田伸二先生、土屋邦彦先生

Zadankai_6212

南雲先生より食事に関してお話がありました。

食事は白米より玄米、玄米より雑穀米。パンだと白パン、フランスパンよりも黒パンが良い。うどんよりも日本そば。色のあるものを食べたほうが良い。

ヨーグルト摂取は体に良いがヨーグルトは食物繊維がゼロであるので、豆乳1Lを買って乳酸菌3gを入れて1日から2日後にはヨーグルトになっている。豆乳の中にはオリゴ糖も入っている。食物繊維もふんだんに入っているので買ってきたヨーグルトより更に良い。または、ヨーグルトを食べるときに皮付きのフルーツをサイコロ型に切り、上からヨーグルトをかけその上からエゴマオイルをかける。こうするとスーパーフードになります。

2018年7月27日 (金)

ハートをまもるPCIカンファランス

2018年7月26日(木)岐阜ハートセンター、ハートホールに於きましてハートをまもるPCIカンファランスが開催されました。

基調講演は

座長;みどり病院 理事長 岩井雄司 先生

演者;岐阜ハートセンター 循環器内科部長 川瀬世史明 先生

演題:「虚血性心疾患治療のUP TO DATE~PCIの適応と至適薬物療法の重要性」

講演される 川瀬世史明 先生

Dr_kawase201807263

特別講演は

座長: 岐阜ハートセンター院長 松尾仁司 先生

演題;「PCI患者患者に対する抗血栓療法 最近の動向」

演者;帝京大学医学部 内科学講座 循環器内科教授 上妻 謙 先生

講演される 上妻 謙 先生

Prfkouduma201807265

2018年6月15日 (金)

第6回ハートネットワークセミナー「全身性疾患としてみる心房細動」金沢大学 加藤武史先生

2018年6月14日(木)岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして、第6回ハートネックワークセミナーが開催されました。

SessionⅠ

座長 岐阜ハートセンター副院長 土屋 邦彦先生

演者 岐阜ハートセンター循環器内科部長 神谷 宏樹 先生

    「心房細動アブレーション~何ができるか、何ができないか~」

講演される 神谷 宏樹 先生

Drkamiya5213

Session Ⅱ

座長 岐阜ハートセンター院長 松尾 仁司 先生

演者 金沢大学大学院先進予防医学研究科 システム代謝学講座 特任准教授 加藤 武史 先生

    「全身性疾患としてみる心房細動」

講演される 加藤 武史 先生

Drkatou5216

Drkatou00463

2018年4月13日 (金)

ハートをつなぐ会「当院の心不全専門外来の取り組み」他

2018年4月11日岐阜ハートセンター ハートホールに於きましてハートをつなぐ会を開催いたしました。

一般講演に先立ち、当院の循環器内科部長 川村一太先生より当院の心不全の取り組みの説明がありました。

「1年前より心不全チームが全例介入するようになりました。医師だけでなく多職種からなる心不全チームが患者様の退院後までを見据えた介入ができるよう一生懸命活動しています。

今年の1月から新たに、「心不全専門外来」を開設し外来まで心不全チームの活動を広げています。特に、当院には慢性心不全看護認定看護師がいます。全国でも350名。岐阜県では8名しかいません。この慢性心不全看護認定看護師 林 明香さんが今後更に役割を果たすと期待しています。」

Drkawamura_3

一般講演: 「当院の心不全専門外来の取り組み」

演者:    岐阜ハートセンター 慢性心不全看護認定看護師 林 明香 さん

Ns_hayashi_5

特別講演 :「心不全治療におけるトルバプタンの可能性」

        ~早期投与がもたらした変化~

演者    : 名古屋ハートセンター 循環器内科 診療部長 鈴木 頼快 先生

Drsuzuki

講演後 松尾院長と演者と写真撮影

Members0837

2018年3月30日 (金)

第10回心房細動勉強会「進化し続ける抗凝固療法」

2018年3月28日、岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして第10回心房細動勉強会が開催されました。

一般講演:

「心房細動の包括的治療」

演者:岐阜ハートセンター 循環器内科 医長 祖父江 嘉洋 先生

講演される祖父江 嘉洋 先生

Dr_sobue93311_4

特別講演

「進化し続ける抗凝固療法 ~XAPASSとJACREから学ぶこと~ 」

演者:桜橋渡辺病院 心臓・血管センター 内科部長兼不整脈科長 井上 耕一 先生

講演される 井上 耕一 先生

Dr_inoue933117

2018年3月29日 (木)

感染対策講演会「手指衛生の重要性と実践」

2018年3月14日 ハートホールに於きまして感染対策講演会が開催されました。

演者は、SARAYA(株)の大村卓三様「手指衛生の重要性と実践」と題しまして講演をしていただきました。

感染は接触感染・飛沫観戦・空気感染があるが感染を引き起こす病原体の多くは汚染された医療従事者の手指を介して伝搬されることがあるので、手指から病原体を取り除くことが重要。アルコール手指消毒は有効であるがアルコールが効かないノロウイルスやアデノウイルスなどは手洗いで洗い落とす必要がある。

手指衛生遵守率が向上すれば感染率は下がる。手指衛生行動の習慣付けを全員で取り組む雰囲気作りが重要である。

講演して頂いた大村卓三様と講演会参加者(従業員大多数が参加)

Saraya_3287

2018年3月 1日 (木)

第9回 岐阜ハートセンター救急連携勉強会

2018年2月28日 岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして 第9回 岐阜ハートセンター救急連携勉強会が開催されました。

♡挨拶される富田副院長

Drtomita0444救急隊の方々が多数参加して頂きました。

初めに冨田副院長が日ごろのお礼を述べると共に最近、救急車で運ばれる方の症状では大動脈解離が多いお話をされました。

♡講演会の様子

Ambulance_officer0446

救急隊員の皆様が多数参加して頂きました。

♡分析結果を報告される三宅先生

Drmiyake0439

H27年の救急搬送患者の分析結果を報告される三宅先生。

・月別では冬は夏の倍の数値になっている・

・緊急手術の内訳では大動脈解離が多い。

・平均年齢 70.2歳

♡急性大動脈解離の最前線の講演をする加藤先生

Kato0449

大動脈解離の最前線~GHCでの包括的診療~の説明をする加藤先生

大動脈解離の救急の患者様の救命率は88%

2018年2月 8日 (木)

ハートをまもる心房細動カンファランス

2018年2月7日(水)岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして

ハートをまもる心房細動カンファランス~心房細動と弁膜症 最新の治療~の講演会が開催され、近隣の医師の方々が多数参加されました。

Audience433

演題1

「心臓手術後の不整脈に対するアブレーション」

演者:三宅 泰次先生 岐阜ハートセンター 循環器内科 医長

Dr_miyake3

演題2

「心房細動由来の機能的僧房弁閉鎖不全症に対する手術経験」

演者: 加藤 貴吉 先生  岐阜ハートセンター 心臓血管外科 部長

Dr_kato426

演題3

「心房細動に起因する僧房弁・三尖弁逆流:こんな症状で悩んでいませんか?」

演者: 柴田 利彦 先生 大阪市立大学 心臓血管外科 教授

Dr_shibata9

2018年2月 6日 (火)

FFR Work Shop 岐阜ハートセンター

2018年2月6日(火)岐阜ハートセンターで「FFR Center of Excellence Course」が開催されました。

医師や臨床工学技士など6名が、遠くは長崎から参加されました。

松尾院長の挨拶で始まり、モーニングレクチャーは川瀬世史明先生、ランチョンセミナーは松尾仁司院長。

午後からは、FFR症例検討会が開催されました。

モーニングレクチャの様子

Work_shop_1_3087

FFR症例検討会

Workshop2_3089

2017年12月11日 (月)

フットケアカンファランス

2017年12月8日 岐阜ハートセンター ハートホールに於きましてフットケアカンファランスが開催されました。

特別講演1:

座長: 医療法人 和光会 理事長 山田 豪 先生

演者: 岐阜ハートセンター 形成外科部長 菰田 拓之 先生

演題: 「あしでつながる地域連携 ~あしを診て糖尿病合併症を管理する~」

講演される菰田 拓之先生

Drkomoda0178s

特別講演2

議長: 岐阜ハートセンター院長 松尾 仁司 先生

演者: 平光ハートクリニック 院長 平光 伸也 先生

演題: 「循環器医がSGLT2阻害薬に期待する事 ~カナグリフロジンの有用性を含めて~」

講演される 平光 伸也 先生

Drhiramitsu0180s 質疑応答される平光 伸也 先生

Drhiramitsu2_0183s