フォトアルバム

« 2019年9月 | メイン | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月15日 (火)

心臓と動脈硬化を考える会 仙台厚生病院 循環器内科部長 伊澤 毅 先生

2019年10月9日(水)岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして”心臓と動脈硬化を考える会”が開催されました。

一般講演 座長:新生病院 院長 今村 明 先生

演者: 岐阜ハートセンター 循環器内科 医長 太田 秀彰 先生

テーマ: 「冠動脈疾患二次予防における脂質管理

        ~マクロとミクロの視点から~」

講演される 太田 秀彰 先生

20191009

特別講演

座長:岐阜ハートセンター 院長  松尾仁司 先生

演者: 仙台厚生病院 循環器内科 部長 伊澤 毅 先生

演題: 「ACSクリニカルパスの運用と実際

       ~ACS患者の脂質管理の重要性~ 」

講演される伊澤 毅 先生

20191009_2

 

栄養教室は、『コレステロールと中性脂肪を下げる食事』

今月の栄養教室は、『コレステロールと中性脂肪を下げる食事』についてお話させて頂きました。

Lecture_0418

コレステロールや中性脂肪と聞くと、体にとって良くない印象を受けるかもしれませんが、どちらも体にとって必要なものとなります。

コレステロールは細胞膜の構成成分やホルモンの材料などに使われます。中性脂肪は、貯蔵用のエネルギーとなり、内臓の固定などの役割を果たしています。

血液検査では、LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレスロールをそれぞれ測定します。 健康な血管を維持するためには、「悪玉のLDLコレステロールや中性脂肪を減らす」ことと、「善玉のHDLコレステロールを増やす」ことの両方が大切です。LDLコレステロールや中性脂肪が基準値より高く、HDLコレステロールが低い場合は、脂質異常症と言われています。

ほとんどの場合、自覚症状がないので、血液検査をして初めて分かることが多いです。この状態を放置し、肥満や高血圧、喫煙、運動不足などが加わることで、動脈硬化に起因する疾患リスクが高くなるので、生活習慣を見直していくことが重要となります。

今月の栄養教室では、油脂を中心にお話させて頂きました。

油脂には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類に分類されます。不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類され、多価不飽和脂肪酸は、さらにオメガ3とオメガ6、トランス脂肪酸に分類されます。
飽和脂肪酸は肉などの脂肪やバターなどの乳製品に含まれており、過剰摂取はLDLコを上げる原因になりますが、飽和脂肪酸中のラウリン酸を摂取することでHDLコレステロールを上げる効果も報告されています。

オメガ3は青魚やえごま・亜麻仁油に含まれており、青魚などに含まれるEPAは中性脂肪を下げる効果があります。オメガ6はごま油や大豆油などに含まれており、LDLコレステロールを下げる効果がありますが、過剰摂取はHDLコレステロールを下げてしまいます。

トランス脂肪酸は、マーガリンやファストブレッド、ショートニングに含まれており、HDLコレステロールを下げ、LDLコレステロールを上げてしまいます。菓子パンやクッキー、アイスなどの菓子類の摂取は控えるようにしましょう。

油はバランスよく摂ることが大切で、飽和脂肪酸3:一価不飽和脂肪酸4:多価不飽和脂肪酸3の比率が理想とされています。

 

レシピ紹介♪

1品目は、「鮭の塩麹焼き」です。鮭は秋鮭よりアトランティックサーモンや銀鮭の方がEPAが多く含まれていますので、脂ののった鮭を選ぶようにしましょう。

Sample1_2

Sample1_0405

2品目は、「大豆のミネストローネ」です。大豆のイソフラボンはLDLコレステロールを下げてくれる働きがあり、ブロッコリーやトマトには抗酸化作用がありますので、おすすめです。

Sample2

Sample2_0408

是非作ってみて下さい。

2019年10月11日 (金)

ハートギャラリー 久野 悟 水彩画展

2019年10月のハートギャラリーは岐阜県水彩画会副会長 久野 悟様の水彩画展です。

Mrkuno_0163s

久野悟様のご挨拶

本日は、ご高覧頂きありがとうございました。
今回の【大垣・垂井の曳軸シリーズ】は、5月に大垣フォーラムホテル、9月に大垣市民病院で開催し、移動展として開催しました。
患者の方をはじめ、お見舞いの方、医師・看護師・職員の方など、ご 覧いただいた皆様の心に響く安らぎ.潤いのひとときとなれば幸いです。
なお、本来ならば直接お礼のご挨拶を申し上げるべきですが、本紙を もって替えさせていただきますのでお許しください。

展示作品

①【神楽山車】 下賜山車

1_kaguradasi_0445_2常に行列の先頭を行きます。

踊りを舞う人形は、青装束の巫女と

白装束の山伏の2体あります。

本町・中町・新町が年次交替で曳きます。

②【大黒山車】 下賜山車

2_daikokudashi_0446_2

米俵2俵を置き、その上には七福神

のひとつ福の神の大黒天がふくよか

な笑みをたたえています。

魚屋町・竹島町・俵町が年次交替で

曳きます。

③【恵比寿山車】 下賜山車

3_ebisudashi_0447_2

恵比寿天は、戸田家が深く崇敬。

右手に釣竿を持ち、左手に鯛を

抱え、笑顔を浮かべています。

船町・伝馬町・岐阜町・宮町が

年次交替で曳きます。

④【相生山車】 本町

4_aioidashi_0448

相生山車は、高山と呼びます。

平成8年に再建され、25年に

完全復元。

高さは大垣の中で1番大きく

5.66mあります。

彫刻など見所豊富です。

⑤【布袋山車】 中町

5_hoteidashi_0455

 

平成24年に白木で復元。

唐子人形が右手に扇をもって舞い、

片手で逆立ちをし、右手の扉を

開いて転舞する離れからくりは、

この布袋山車だけです。

⑥【菅原山車】 新町

6_sugawaradashi_0456

1914年に再建され、10年後に

漆塗をし、現在に至っています。

文字書き人形を特徴としている

山車で2m離れた下からの操作は

熟練を要します。

⑦【鯰山車】 魚屋町

7_namazudashi_0457

からくりは、金色の瓢箪をふりかざし

た老人が、暴れ狂う大鯰を押さえ

ようとして激しく動き回ります。

郷土玩具ともなっています。

綾野にもあります。

⑧【榊山車】 竹島町

8_sakakidashi_0449

 

1873年に制作され、江戸期の

建造技術の総結集した山車です。

屋形には、榊と神鏡が飾られ、

天鈿女命が榊と鈴を手に

握り取るシーンが見所です。

⑨【浦嶋山車】 俵町

9_urashimadashi_0450

戦災で焼失しましたが、

平成24年に白木で復元しました。

名前の通り、童話の浦島太郎を

モチーフに乙姫、竜宮、亀、唐子

も配置した山車です。

⑩【玉の井山車】 船町

10_tamanoidashi_0451

かっては、からくり山車でしたが、

1815年の大洪水で大破し、

現在では子供の舞踊を披露する

芸山車となり、観客の目を

楽しませています。

⑪【松竹山車】 伝馬町

11_syoutikuhdashi_0452

七福神のひとつ弁財天を祀って

います。大垣祭りの山車で唯一、

からくりと舞踊が併存した山車です。

107年ぶりに大修復を終えました。

⑫【愛宕山車】 岐阜町

12_atagodashi_0469

大改良のときに主祭神が変わり

ましたが、1712年の墨書があり、

大垣まつり最古の山車と

言われています。

安産の守神として親しまれています。

⑬【猩々山車】 宮町

13_tanukidashi_0454

猩々とは、中国の想像上の動物で

す。猩々の人形が大酒壺に頭を

突っ込むと赤い顔に変わり、その後

獅子に変身し、牡丹の周りを

踊り狂います。

⑭【鯰山車】 魚屋町

14_namazudashi_0458

大垣の曳山車は少人数で

曳くことができますが、それでも

方向転換は全員の力の結集が

必要で、観衆の注目の的です。

⑮【玉の井山車:夜宮】 

15_tamanoidashi_0459

試楽(5月第2土曜日)・

本楽(5月第2日曜日)ともに、

夜宮としてすべての山車が

八幡神社前水門川沿いに

提灯が点灯されます。

⑯【愛宕山車】 岐阜町

16_atagodashi_0460

この絵はからくり拡大版です。

謡曲「弓八幡」を題材としています。

この場面の後、箱から現れる鳩に

狂言師が驚きます。

⑰【浦嶋山車】 俵町

17_urashimadashi_0461

この絵はからくり拡大版です。

名前の通り、童話の浦島太郎を

モチーフにした山車で、屋形の中

には他に乙姫・竜神・亀、

前山車に唐子を配置しています。

㉔【紫雲閣】 中町

24_shiunnkakudashi_0462

今年の当番山です。高さは9.1m

日本で1位と言われています。

3両とも舞台下の土台だけで

大人身長の高さがあり、

それぞれ豪華な山車です。

三種の神器(剣)

㉕【子供歌舞伎】

25_kodomokabuki_0465

芸児は女人禁制となっており、

全て垂井小学校の男子が担い、

芸児はやがて青年部に、

青年部は祭典委員となり伝統が

代々引き継がれていきます。

㉖【攀麟閣】 西町

26_henrinkaku

 

650年を超える伝統の祭りは、

祭典委員や青年神事系による

豪華絢爛な曳山車。

祭囃子と勇ましい青年の掛け声が

歴史ある垂井宿に響き渡ります。

三種の神器(鏡)

㉗【攀麟閣】 下り山車

27_henrinkaku_0466

上り山車は1番山車から順次

秋葉社に向かいます。

宵山秋葉社奉芸後には、

祭典委員の合図のもと同様に

1番山車から順次、地元に

戻ります。

㉘【鳳凰山】 東町

28_houonzan

豪華絢爛な山車では、義太夫の

語り、三味線に合わせ堂々と見得を

切る子歌舞伎が見もの。

その演技は観る人全てを魅了し、

深い感動を与えます。

三種の神器(勾玉)

㉙【鳳凰山】 大船渡し

29_hououzan_0482

青年協力隊の力を結集して

重い山車を方向転換する人気の

場面で、大橋渡しや下り山車

などで行われます。

但し、山車は痛むようですが・・