フォトアルバム

« 栄養教室「低栄養を予防する食事~やせすぎ注意~」 | メイン | 第37回運動教室『高齢者の転倒予防トレーニング ~あなたの転倒リスクは?~』 »

2018年12月 7日 (金)

栄養教室 『腸内環境を整える食事』

Lecture_6530

今回の栄養教室は『腸内環境を整える食事』についてお話しました。みなさん腸内ケアを行っていますか?
腸は食べる物を消化するだけでなく、からだに良いものと悪いものを区別し、有害なものは排除するといった仕組みがあります。腸内環境を整えることで、ダイエット効果や美肌効果、免疫力を高めたり、便秘や下痢の改善効果、花粉症の軽減効果などあります。人の腸内には、多種多様な細菌が生息しており、小腸から大腸にかけて、様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまっています。腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌の3種類があり、それぞれ作用やからだへ与える影響が異なります。善玉菌は悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促すことによって、お腹の調子を整えます。悪玉菌は有害物質を生成し、腸内腐敗を促進させます。日和見菌は、腸内の善玉菌や悪玉菌の優勢な方に同調して作用します。それぞれの菌の割合は善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1で腸内に生息していることが望ましいと言われています。 腸内環境を整えるために、プロバイオティクス(善玉菌やそれらを含む食品)を摂るようにして下さい。ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌、納豆に含まれる納豆菌、漬物やキムチ、しば漬けなどに含まれるラクトバチルス・プランタラムなどがそれに該当します。そしてプロバイオティクスの働きを腸で助けるプレバイオティクスを摂るようにして下さい。プレバイオティクスは、善玉菌のえさとなる食物繊維やオリゴ糖のことです。食物繊維は『水溶性食物繊維』と『不溶性食物繊維』に分かれ、水溶性2:不溶性1で摂ることが理想とされています。 水溶性は海藻やこんきゃくなど。不溶性は切干大根やきのこ、玄米などに含まれています。また水分補給、油などのビタミンE、玄米や豚肉などのビタミB1を意識して食べるようにしましょう。食事だけでなく、適度な運動や朝食をしっかり摂り、朝トイレに行く習慣を作ることも大切です

本日の試食です。1品目は「豚肉としめじ味噌チーズ炒め」です。味噌やチーズには善玉菌が多く、豚肉のビタミンB1は腸の動きを調整してくれるような働きがあります。

2品目は「キャベツとツナ豆サラダ」です。キャベツや大豆は食物繊維が多く含まれています。善玉菌を増やす助けになります。 是非自宅で作ってみて下さい♪

ぶたにくとしめじ味噌チーズ炒め

Sample1_6518

Sample_1recipe

キャベツとツナ豆サラダ

Sample2_6511

Recipe_2_2