講演会・イベント情報 Feed

2017年4月18日 (火)

マサチューセッツ総合病院 Ik-Kyung Jang.MD.PhD 講演

2017年4月17日(月)岐阜ハートセンター ハートホールに於きましてハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院。ここは基礎研究が進んでいて、過去11名のノーベル賞受賞者がいます。ここに所属されている、Reserch fellow のErika Yamamoto 様の OCTとCFDの講演がありました。

演題:「Can local endothelial shear stress predict evolution of coronary plaque phenotype in the future?

  -A serial optical coherence (OCT) and computational fluid dynamics (

CFD) study-」

演者: Erika Yamamoto MD.PhD

Research fellow, Massachusetts General Hospital

♡講演される Erika Yamamoto MD.PhD 

Erika_mdphd_8609

ハーバード大学の医学専門大学院であるハーバード・メディカル・スクールは1782年設立の私立教育機関で全米で3番目に古い医学校。

ここの内科学教授のIk-Kyung Jang.MD. PhD 様に急性冠動脈症候群発症の新知見を講演していただきました。

演題:「New Insights into Pathogenesis of Acute Coronary Syndromes」

演者:Ik-Kyung Jang. MD.PhD

Professor of Medicine. Harvard Medical School

♡講演されるIk-Kyung Jang. MD.PhD

Ikkyung_jang_md_phd_8624

♡講演後、2人を囲んで記念撮影

Members_8635

2017年4月14日 (金)

ハートをまもる TAVI・PCIカンファランス

2017年4月13日(木)岐阜ハートセンター1Fハートホールに於きましてハートをまもるTAVI・PCIカンファランスが開催されました。

特別演題1:「経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)最新の知見と今後の展望」

演者: 慶応義塾大学医学部 循環器内科 専任講師 林田 健太郎 先生

講演される 林田 健太郎先生

Dr_hayashida_8582

特別講演2: 「冠動脈疾患の最新治療(新しい抗血小板剤に有用性とDESの進歩)」

演者: 福岡山王病院 循環器センター長/国際医療福祉大学 教授 横井 佳宏 先生

講演される 横井 佳宏 先生

Dr_yokoi_8594

講演会「マリに2年間住んでみて思ったこと」馬場 寛医務官

平成29年4月10日、岐阜ハートセンター、ハートホールに於きまして在リマ日本大使館 医務官で元豊橋ハートセンター 心臓血管外科医の馬場 寛先生の講演会が開催されました。

テーマは「マリに2年間住んでみて思ったこと」

写真でマリの生活を紹介していただきました。マリは海外渡航情報では真っ赤です。しかし、お話を聞いていてさほど危険とも思いませんでしたが、店に入ったら先ず逃げ口を探すとのことで、やはり危険が一杯のところだと思いました。マリは元フランス領でフランス語しか通じなく苦労されているとの事。

講演される馬場 寛 医務官

Dr_baba_7778

質疑応答

Qa8563

2017年3月30日 (木)

GHC糖尿病勉強会

2017年2月22日(水)岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして”GHC糖尿病勉強会が開催されました。

一般演題

テーマ:「心不全患者への包括的アプローチ ~病診連携の展望~ 」

演者:岐阜ハートセンター 循環器内科部長 川村一太先生

講演される川村一太先生

Kawamura8524

特別講演

テーマ:「虚血性心疾患における糖尿病治療の注意点と工夫」

演者:名古屋大学医学部附属病院 循環器内科 石井秀樹先生

講演される石井秀樹先生

Ishii201703221930493

2017年3月 6日 (月)

FRIENDS Live 2017 開催される

2017年3月3日(金)4日(土)ベルサール半蔵門におきましてFRINDSFunctional RevascularIzation ENcouraged by optial Diagnostic Strategy Live)

が開催されました。

手技は岐阜ハートセンターからLIVE発信いたしました。

FRIENDS Live 2017の役員構成は以下の通りです。

会長:  岐阜ハートセンター院長  松尾 仁司 先生

代表世話人:     田中 信大 先生 東京医科大学八王子医療センター 

世話人:        岩淵 成志 先生 琉球大学

              松尾 仁司 先生 岐阜ハートセンター

世話人/事務局長: 横井 佳宏 先生 福岡山王病院

顧問:         赤坂 隆史 先生 和歌山県立医科大学

             中村 正人 先生 東邦大学医療センター大橋病院

             山科 章   先生 東京医科大学

監事:         進藤 直久 先生 新座志木中央総合病院 

連携URL  http://www.friends-live.jp

3月4日は6名の患者様を3つのカテーテル室からライブ発信しました。今回のライブはFFRを使い生理学的な評価もしっかりしたライブで、会場とカテ室で熱いディスカッションがありました。

発信された3つの室からの手技の様子(3月4日)

写真右が第1カテ室の田中信大先生 写真右が第2カテ室の松尾先生 太田先生 写真右から第3カテ室の谷垣先生 菊地先生

Friends01891_2

Friends01726_2

Friends01804_2

 

2017年2月 9日 (木)

ハートをまもる 心不全・心房細動カンファランス

2017年2月8日(水)岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして 「ハートをまもる 心不全・心房細動カンファランス」が開催されました。

一般演題といたしまして

座長 芥見診療所 院長 森 厚 先生

演者 岐阜ハートセンター 循環器内科部長 神谷 宏樹先生

演題 「心房細動合併心不全患者さんを見たら」

講演される 神谷 宏樹 先生

Kamiya_dr8484

特別演題といたしまして

座長 岐阜ハートセンター 副院長 土屋 邦彦 先生

演者 神戸市立医療センター中央市民病院 循環器内科部長 古川 裕 先生

演題 「心房細動と心不全: 超高齢社会における循環器診療の象徴」

講演される 古川 裕 先生

Furukawa_dr_8487

2017年1月19日 (木)

第5回ハートネットワークセミナー 

2017年1月18日 岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして 第5回ハートネットワークセミナーが開催されました。

特別講演1としまして

テーマ:「心房細動に対するクライオバルーンアブレーション;現状と今後」

演者 : 岐阜ハートセンター 循環器内科医長 三宅泰次 先生

Miyake8463

特別講演2としまして

テーマ: 「脳卒中予防のための至適抗血栓療法」

演者 : 岐阜大学医学部附属病院 脳神経外科 講師 榎本 由貴子 先生

Enomoto2017011819304811

2016年12月20日 (火)

安八町「かずさの会」で健康講演会

平成28年12月20日(火) 岐阜県安八町かづか地区公民館で”かづかの会”主催の健康講演会が開催されました。

今回は第一回で、安八町の町長 堀 正様はじめ多くの町役員の方々も参加して頂きました。

総勢約50名。

健康講演は岐阜ハートセンター副院長 心臓血管外科 富田伸司先生が ”よりお元気に過ごすために -心臓との付き合い方- ”と題して講演をいたしました。

講演の後、参加した皆さんから多くの質問が出、富田先生が丁寧に答えられました。

挨拶される 堀 正 安八町 町長

Mr_hori8400_2

かづかの会の講演風景

Audience8414

 講演する            富田伸司先生         質問される参加者

Dr_tomita8407_2

Questions8417_2

 

 

2016年12月12日 (月)

安八町のふれあいサロンで栄養指導

平成28年12月9日(金) 岐阜県安八町”きずなの会” で岐阜ハートセンター 管理栄養士の桂川曜子が「心臓病予防と栄養」と題して講演を行いました。

芝原地区公民館で講演を行い、参加者は約35名でした。

講演内容は心臓病予防の食事のポイントを説明しました。

心臓病予防の食事のポイント

1.減塩

2.減量

3.節酒

4.DASH食のすすめ

5.油脂の摂り方に注意しましょう

6.トランス脂肪酸の多い食品に注意する

これらに関して具体的な食事メニューを説明いたしました。

講演に先立ち挨拶される会長さん               講演する桂川さん

Kaityou_5966

Anpachi_5967

2016年11月24日 (木)

第2回心リハの臨床を語ろうの会

第2回心リハの臨床を語ろうの会

 11月18日(金)に第2回心リハの臨床を語ろうの会が開催されました。
今回は症例を通して、心リハ介入の考え方や問題点を共有し、課題解決に向かうための自由討論の場という
意味を込めて開催しました。
岐阜県総合医療センター、岩砂病院の他の病院からも症例を提示して頂き、有意義な会であったと思います。
このような症例検討会という機会は少ないと思うので、次回も開催していく予定です。
宜しくお願い致します。

2 ①「心不全を合併した 亜急性広範囲前壁梗塞症例」

岐阜ハートセンター 作井 大介 先生

Sakui8114

②「Type D パーソナリティからみた患者理解と対応

―心停止を経験したCHF患者の事例より―」

地方独立行政法人 岐阜県総合医療センター

心臓リハビリテーション部

理学療法師 中島 将宏 先生

Mrnakasima

③「外来における慢性心不全管理の難しさ」

医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 

心臓リハビリテーションチーム

石橋 貴久彦 先生

Mrishibashi

今回の発表に対し名古屋大学 山田純生 先生から有益なアドバイスを頂きました。

名古屋大学医学部保健学科 山田 純生 先生

Mryamada_sumio