講演会・イベント情報 Feed

2017年7月20日 (木)

GHC心臓核医学セミナー 「D-SPECTが変えた新しい心臓イメージング」

2017年7月14日 岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして GHC心臓核医学セミナーが開催されました。

指名講演:「シンチ開始一年を迎えて」

演者:岐阜ハートセンター循環器内科部長 川村 一太 先生

岐阜ハートセンターでシンチを導入して一年が経過しました。導入した装置D-SPECTはコンパクトで短時間撮影ができ、好感度、高解像度で従来の設備と比較し衝撃的に画像がシャープで鮮明に映り、見逃すこともない素晴らしい診断ができる。

講演される 川村 一太 先生

Dr_kawamura_184657

特別講演:「D-SPECTが変えた新しい心臓イメージング」

松本 直也 先生(日本大学医学部付属病院 循環器内科 教授)

松本先生は心臓核医学のみならず画像解析の分野のオピニオンリーダーでアメリカ心臓核医学学会の認証医を日本人で初めて取得された方です。

講演される松本 真也 先生

Dr_matsumoto_190702

2017年7月 5日 (水)

FFR Special Lecture by Nico H.J.Pijls,MD,PhD

2017年7月4日 岐阜ハートセンター 1F ハートホールに於きましてNico H.J.Pijls,MD,PhD

さんのFFR(Frectional Flow Reserve)の特別講演をしていただきました。

PijlsさんはFFRのコンセプトを考え出された世界的に有名なDrです。当院の松尾院長との旧友であり、特別講演をしていただくことになりました。会場からの質問のあり、FFRについて有意義な討論が出来ました。

Professor Pijlsさんを紹介する松尾院長

Intro_matsuo_1103 ♡

当院のFFRの状況を説明する岐阜ハートセンター循環器内科部長 川瀬世史明先生

Kawase_1116

Kawase_1120

講演される Pijls先生

Nico_1130

参加された方々と

Member_1156

ハートをつなぐ会「抗血栓療法における消化管障害の実態」他

2017年6月22日 岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして「ハートをつなぐ会」が開催されました。

講演Ⅰ 「岐阜ハートセンターにおけるTAVIの現状とこれから」

     岐阜ハートセンター 循環器内科部長 大久保宗則先生

Okubo201706221932247

講演Ⅱ

「抗血栓療法における消化管障害の実態

~消化器内科の立場から見たベストマネジメント~」

岐阜市民病院 消化器内科部長 加藤則廣 先生

講演される加藤先生

Kato8855

2017年6月 7日 (水)

POPAI-APが開催されました

2017年6月5日、6日の2日間にわたって岐阜ハートセンターでPOPAI-AP(PCI Optimization by Physology And Imaging in Asia Pacific)が開催されインド、マレーシアから医師7名が参加されました。

POPAIは2015年に第1回を行い昨年の秋第2回を開催しました。

今までは、国内への発信のみでしたが、今後は海外に向けても行っていこうという企画の第1弾として今回はきわめて小規模ですが、院内レクチャーとミニライブを行いました。

第1日目のプログラムは座学中心で

13:30 松尾院長挨拶

13:45 FFRの基本  川瀬先生

14:45 IVUSの基本 太田先生

15:25 OCTの基本  大久保先生

17:15 PCI概念     神谷先生

第1日目の座学の様子

Lecture_0682_2

第2日目のプログラムは手技中心で

9:00 本日のケーススタディ

9:30 川瀬先生の手技

11:00 大森先生の手技

12:30 松尾院長の講義

13:30 太田先生の手技

15:00 神谷先生の手技

16:00 クロージングミーティング

 

第2日目 手技の様子。OCTの説明を受ける参加者

Popai_0746_2

2017年4月18日 (火)

マサチューセッツ総合病院 Ik-Kyung Jang.MD.PhD 講演

2017年4月17日(月)岐阜ハートセンター ハートホールに於きましてハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院。ここは基礎研究が進んでいて、過去11名のノーベル賞受賞者がいます。ここに所属されている、Reserch fellow のErika Yamamoto 様の OCTとCFDの講演がありました。

演題:「Can local endothelial shear stress predict evolution of coronary plaque phenotype in the future?

  -A serial optical coherence (OCT) and computational fluid dynamics (

CFD) study-」

演者: Erika Yamamoto MD.PhD

Research fellow, Massachusetts General Hospital

♡講演される Erika Yamamoto MD.PhD 

Erika_mdphd_8609

ハーバード大学の医学専門大学院であるハーバード・メディカル・スクールは1782年設立の私立教育機関で全米で3番目に古い医学校。

ここの内科学教授のIk-Kyung Jang.MD. PhD 様に急性冠動脈症候群発症の新知見を講演していただきました。

演題:「New Insights into Pathogenesis of Acute Coronary Syndromes」

演者:Ik-Kyung Jang. MD.PhD

Professor of Medicine. Harvard Medical School

♡講演されるIk-Kyung Jang. MD.PhD

Ikkyung_jang_md_phd_8624

♡講演後、2人を囲んで記念撮影

Members_8635

2017年4月14日 (金)

ハートをまもる TAVI・PCIカンファランス

2017年4月13日(木)岐阜ハートセンター1Fハートホールに於きましてハートをまもるTAVI・PCIカンファランスが開催されました。

特別演題1:「経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)最新の知見と今後の展望」

演者: 慶応義塾大学医学部 循環器内科 専任講師 林田 健太郎 先生

講演される 林田 健太郎先生

Dr_hayashida_8582

特別講演2: 「冠動脈疾患の最新治療(新しい抗血小板剤に有用性とDESの進歩)」

演者: 福岡山王病院 循環器センター長/国際医療福祉大学 教授 横井 佳宏 先生

講演される 横井 佳宏 先生

Dr_yokoi_8594

講演会「マリに2年間住んでみて思ったこと」馬場 寛医務官

平成29年4月10日、岐阜ハートセンター、ハートホールに於きまして在リマ日本大使館 医務官で元豊橋ハートセンター 心臓血管外科医の馬場 寛先生の講演会が開催されました。

テーマは「マリに2年間住んでみて思ったこと」

写真でマリの生活を紹介していただきました。マリは海外渡航情報では真っ赤です。しかし、お話を聞いていてさほど危険とも思いませんでしたが、店に入ったら先ず逃げ口を探すとのことで、やはり危険が一杯のところだと思いました。マリは元フランス領でフランス語しか通じなく苦労されているとの事。

講演される馬場 寛 医務官

Dr_baba_7778

質疑応答

Qa8563

2017年3月30日 (木)

GHC糖尿病勉強会

2017年2月22日(水)岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして”GHC糖尿病勉強会が開催されました。

一般演題

テーマ:「心不全患者への包括的アプローチ ~病診連携の展望~ 」

演者:岐阜ハートセンター 循環器内科部長 川村一太先生

講演される川村一太先生

Kawamura8524

特別講演

テーマ:「虚血性心疾患における糖尿病治療の注意点と工夫」

演者:名古屋大学医学部附属病院 循環器内科 石井秀樹先生

講演される石井秀樹先生

Ishii201703221930493

2017年3月 6日 (月)

FRIENDS Live 2017 開催される

2017年3月3日(金)4日(土)ベルサール半蔵門におきましてFRINDSFunctional RevascularIzation ENcouraged by optial Diagnostic Strategy Live)

が開催されました。

手技は岐阜ハートセンターからLIVE発信いたしました。

FRIENDS Live 2017の役員構成は以下の通りです。

会長:  岐阜ハートセンター院長  松尾 仁司 先生

代表世話人:     田中 信大 先生 東京医科大学八王子医療センター 

世話人:        岩淵 成志 先生 琉球大学

              松尾 仁司 先生 岐阜ハートセンター

世話人/事務局長: 横井 佳宏 先生 福岡山王病院

顧問:         赤坂 隆史 先生 和歌山県立医科大学

             中村 正人 先生 東邦大学医療センター大橋病院

             山科 章   先生 東京医科大学

監事:         進藤 直久 先生 新座志木中央総合病院 

連携URL  http://www.friends-live.jp

3月4日は6名の患者様を3つのカテーテル室からライブ発信しました。今回のライブはFFRを使い生理学的な評価もしっかりしたライブで、会場とカテ室で熱いディスカッションがありました。

発信された3つの室からの手技の様子(3月4日)

写真右が第1カテ室の田中信大先生 写真右が第2カテ室の松尾先生 太田先生 写真右から第3カテ室の谷垣先生 菊地先生

Friends01891_2

Friends01726_2

Friends01804_2

 

2017年2月 9日 (木)

ハートをまもる 心不全・心房細動カンファランス

2017年2月8日(水)岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして 「ハートをまもる 心不全・心房細動カンファランス」が開催されました。

一般演題といたしまして

座長 芥見診療所 院長 森 厚 先生

演者 岐阜ハートセンター 循環器内科部長 神谷 宏樹先生

演題 「心房細動合併心不全患者さんを見たら」

講演される 神谷 宏樹 先生

Kamiya_dr8484

特別演題といたしまして

座長 岐阜ハートセンター 副院長 土屋 邦彦 先生

演者 神戸市立医療センター中央市民病院 循環器内科部長 古川 裕 先生

演題 「心房細動と心不全: 超高齢社会における循環器診療の象徴」

講演される 古川 裕 先生

Furukawa_dr_8487