フォトアルバム

« 2018年10月 | メイン | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月12日 (月)

栄養教室「低栄養を予防する食事~やせすぎ注意~」

今回は低栄養を予防する食事としてお話をさせて頂きました。

Lecture_6314

では低栄養とはどのような状態のことを言うのでしょうか?それは、食欲低下、食事が食べにくいことで徐々に食事量が減り、身体を動かすために必要な「エネルギー」、筋肉・皮膚・内臓などをつくる「たんぱく質」が不足する、このような状態を低栄養といいます。

特に65歳以上の高齢者の女性における低栄養傾向の者の割合は、この10年間で有意に増加していると言われています。

低栄養は、食事量が減少することから始まります。食事量が減少する原因として、高齢夫婦世帯や独居世帯によって、毎食の食事作りが大変、1人だから簡単に済ませる、経済的な問題でお肉、お魚、野菜などを買わないといった傾向があること、味覚や嗅覚の低下噛むこと、飲み込む機能が低下する腸の働きが低下して便秘になったり、空腹感が起きにくくなったりすることがあります。そうなると、体力がなくなり、活動量が減り、さらに食欲がなくなって食事量が減るといった悪循環に陥ります。

低栄養状態になると次のようなことが体におこります。

  1. 筋肉量が減る、筋力が落ちる
  2. 骨がもろくなる
  3. 細菌やウイルスへの抵抗量が低下する
  4. 体力が低下する
  5. 認知症の発症に影響する

低栄養と判断する基準は次のような項目があります。みなさんは大丈夫でしょうか?

【身体計測】

・体重が6か月間で2-3kg減った。または、1~6ヶ月間の体重減少率が3%以上

・BMI18.5未満

【血液検査】

・アルブミン3.5g/dl未満

・総コレステロール 150mg/dl未満

・ヘモグロビン 男性12.7g/dl 女性11.6g/dl以下

このような低栄養を予防するには、食事ではどのようなことに気を付ければ良いでしょうか?ポイントを5つ挙げてみました。

  1. 1日3食食べること。
  2. 肉魚卵豆腐といったたんぱく質食品を1食に1品は食べること。
  3. 野菜や果物は1日に2品以上は食べること。
  4. 作ることがめんどうな時には、宅配食、半調理品や市販の調味の素も使用してみる。
  5. 栄養補助食品を利用してみる。

 

食事は1食でも抜くと、残りの食事だけで必要な栄養を取ることは難しくなります。分けて食べることは栄養を必要量摂るうえでも大切なことです。たんぱく質食品は1食に1品を食べるようにすると必要量が摂りやすくなります。また、野菜を食べるようにしてください。食物繊維やビタミン、ミネラルを摂ることができます。市販されている調味料の素も塩分が多すぎず使いやすものがあります。カット野菜や温めるだけで食べられるレトルト食品も利用できるものがあります。今はドラッグストアがたくさんありますので、そういったところには栄養補助食品が売られています。食欲がないときにはそういったものを使うのも方法です。また、献立に一工夫することでエネルギーやたんぱく質も増やすことが可能です。

Page_09

たんぱく質という栄養は低栄養を予防するうえで大切な栄養素です。必要量については国から基準が示されています。

Page_10

Page_11

今回のお話の注意点は腎臓病、肝臓病などでたんぱく質をたくさんとってはいけない病気がある方については、今回のたんぱく質の量は当てはまらないということです。そういった病気をお持ちの方は必ず医師や管理栄養士に指示された量を守ってください。

Page_13

Page_14

2018年11月 2日 (金)

GHC糖尿病勉強会

2018年10月31日岐阜ハートセンターハートホールに於きましてGHC糖尿病勉強会が開催されました。

一般演題:座長:山内ホスピタル 副院長 山内 雅裕 先生

      演者:岐阜ハートセンター 循環器内科部長 川村一太先生

      演題:「慢性心不全を外来で診る」

講演される 川村一太先生

Kawamura1

特別講演

     座長:岐阜ハートセンター 院長 松尾仁司 先生

     演者:九州大学循環器病未来医療研究センター

         循環器疾患リスク予測共同研究部門

         部門長(准教授) 岸 拓弥 先生

    演題:「循環器内科医が糖尿病と真剣に向かい合える時代が来た

        ~心臓が正常の糖尿病患者は少ない~ 」

講演される岸 拓弥 先生

Kishi6

     

木彫グループ「萠」 木彫展

2018年11月1日から30日迄金城淑子様が主宰する木彫グループ「萠」のメンバーの作品展が開催されています。展示は金城淑子様を中心に12名、21点の作品が展示されています。

作業を手伝って頂いた皆様

Member_6235 左から 山口昭子様 金城淑子様 包子美惠様 安田恵美様

展示作品

金城淑子様の作品

レリーフ1

Kaneshiro1_6246

Kaneshiro2_6247

Kaneshiro3_6248

レリーフ2

Kaneshiro4_6249_2

Kaneshiro5_6250

岡田和子様の作品

Okada2_6241

Okada3_6242

Okada1_6240_2

井上富子様の作品

Inoue1_6243

Inoue2_6251

Inoue3_6252

伊藤紀美子様の作品

Ito1_6244

Ito2_6255

真野喜美子様の作品

Mano_6245

山口昭子様の作品

Yamaguchi_6253

脇田まり子様の作品

Wakita_6254

林 洋子様の作品

Hayashi_6256

宮本幸子さまの作品

Miyamoto_6258_2

前田千恵子様の作品

Maeda_6259_2

富岡晴代様の作品

Tomioka_6260

包子恵美様の作品

Kaneko_6261