« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

週刊朝日MOOK「手術数でわかるいい病院」

週刊朝日MOOK「手術数でわかるいい病院」に岐阜ハートセンターが掲載されました。

Asahi001

Asahi59

Asahi173

Asahi233_2 

Asahi305

Asahi349

Asahi_350_2 

2011年2月15日 (火)

第4回岐阜ハートカンファランス「CKD患者からみた虚血性心疾患の治療戦略」

H23年2月2日、第4回岐阜ハートカンファランスが開催されました。

岐阜ハートセンター循環器内科 上川 滋が「心臓リハビリテーション」についてミニレクチャーいたしました。

心臓リハビリテーションの有効性の説明と岐阜ハートセンターの心臓リハビリの現状を中心に説明いたしました。

Kamikawa_0001

特別講演として 

朝日大学歯学部付属村上記念病院 腎臓内科教授 大野道也先生による

「CKD(慢性腎臓病)患者からみた虚血性心疾患の治療戦略」の講演がありました。

腎臓病全体のお話に加え腎臓疾患と心疾患が密接な関わりがあり、CKD疾患はかかりつけ医及び腎臓専門医だけでなく循環器専門医も含めた連携が必要であることを強調されていました。

Ohno_0012

2011年2月14日 (月)

栄養教室「糖質制限食 基礎編」H23.3.11(金)

糖質制限食 基礎編 を開催いたします。参加はどなたも無料で参加できます。

Notice_20110311

のむらしげ代油彩展「まなざしの軌跡」中日新聞にて紹介

のむらしげ代さんの油彩展が中日新聞岐阜近郊版で紹介されました。

シルクスクリーンで多色刷りされた色鮮やかな抽象画を中心に展示中です。

Chunichi20110208_2

病院の実力(読売新聞社)に掲載されました

読売新聞医療情報部の専門記者による全国の病院への独自アンケート調査結果に基づく「病院の実力」総合編の”心臓の病気”、”血管の病気”に岐阜ハートセンターが掲載されました。

このデーターは2009年1月~12月のデーターに基づくもので、2010年は更に実績が蓄積されています。

データーは

心臓の病気: 狭心症・心筋梗塞、心臓弁膜症、胸部大動脈瘤、先天性疾患・その他、不整脈

血管の病気: 腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症・腎動脈狭窄症

に分類され、それらに2009年の当院の実績が掲載されています。

Yomiuri__1_2

Yomiuri_2_2

Yomiuri_3

Yomiuri_4

Yomiuri_5

Yomiuri_6

Yomiuri_7

Yomiuri_8

栄養教室「高血圧症の食事療法とワーファリンの相互作用について」 2月9日

今回は、高血圧症の食事療法とワーファリンなどの薬と食品の相互作用についてお話をいたしました。
ハートホールがいっぱいになるほどの方が参加してくださいました。ありがとうございました。
高血圧症で注意しなくてはいけないポイントのひとつは塩分の摂りすぎです。
高血圧を予防するためには塩分1日6g未満を目標にしましょうと言われています。
なかなか、自分が1日に何gの塩分を摂っているのかは分かりにくいものですが、特に塩分を多く含むような食品を控えることでも減塩になります。
インスタント食品やスナック菓子、漬け物、梅干し、加工食品、干物類は塩分を多く含みますので注意しましょう。
外食も塩分を多くとってしまいがちなので、なるべく外食は控えましょう。
その他には、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルを摂ることが大切です。カリウムはナトリウム(塩分)を体の外に出すのを助ける働きがあります。カリウムは海藻類やきのこ類、果物に多く含まれています。
まだまだ、寒い日が続きますが寒さも血圧を上げる要因になります。外に出るときは必ず一枚羽織ったり、手袋やマフラーをするなどして防寒対策をしっかりとしましょう!
薬と食品の相互作用についてですが、知っておくと安心ですね。
血圧の薬で、カルシウム拮抗剤というものがあります。このお薬はグレープフルーツジュースと一緒に飲むと薬の作用が増強されてしまい、血圧が下がりすぎてしまうことがあります。
グレープフルーツの果肉、スウィーティーやだいだいなどでも、同じような作用があるので注意が必要です。
服用する前後2時間程度は摂らないようにしましょう。オレンジやミカンは問題ありません。
また、ワーファリンという血栓をできにくくするお薬は、ビタミンKを多く含む食品と一緒に摂ると薬の効きが弱くなってしまいます。ビタミンKは納豆や緑色野菜に多く含まれています。特に納豆は少量でも腸の中でビタミンKを作りだしてしまうので、注意が必要です。
大豆そのものや豆腐などの大豆加工品は問題ありません。同じねばねばとした食品でもオクラは大丈夫です。
健康食品といわれている、クロレラや青汁もビタミンKを多く含みますので、飲まないようにしましょう。
ほうれんそうや春菊など緑の濃い野菜はお浸しで小鉢に少し食べるくらいは大丈夫です。一度にたくさん食べるのは控えましょう。
今回は、高血圧症の食事療法とワーファリンなどの薬と食品の相互作用についてお話をいたしました。
栄養教室の風景:非常の多くの方にご参加いただきありがとうございました。
Nutritional
  
試食    菜の花とナッツのサラダ         鶏肉のチーズ焼き            粕汁
Tast1 Tast2 Tast3

2011年2月 5日 (土)

ありがとうございます。みなさまのおかげで開院二周年を迎えることができました。

皆様、本当にありがとうございます。

無事に開院二周年目を迎えることができました。

これもひとえに皆様のおかげです。

職員一同心より感謝すると共に、さらに岐阜ハートセンターを

充実して行くように努力して行きます。

なにとぞ宜しくお願い申しあげます。

開院二周年の今日2月5日に岐阜ハートセンター便り第五号を

発刊することができました。外来に置いてありますので

お気軽にお持ち帰りください。

                岐阜ハートセンター 職員一同