2018年11月12日 (月)

栄養教室「低栄養を予防する食事~やせすぎ注意~」

今回は低栄養を予防する食事としてお話をさせて頂きました。

Lecture_6314

では低栄養とはどのような状態のことを言うのでしょうか?それは、食欲低下、食事が食べにくいことで徐々に食事量が減り、身体を動かすために必要な「エネルギー」、筋肉・皮膚・内臓などをつくる「たんぱく質」が不足する、このような状態を低栄養といいます。

特に65歳以上の高齢者の女性における低栄養傾向の者の割合は、この10年間で有意に増加していると言われています。

低栄養は、食事量が減少することから始まります。食事量が減少する原因として、高齢夫婦世帯や独居世帯によって、毎食の食事作りが大変、1人だから簡単に済ませる、経済的な問題でお肉、お魚、野菜などを買わないといった傾向があること、味覚や嗅覚の低下噛むこと、飲み込む機能が低下する腸の働きが低下して便秘になったり、空腹感が起きにくくなったりすることがあります。そうなると、体力がなくなり、活動量が減り、さらに食欲がなくなって食事量が減るといった悪循環に陥ります。

低栄養状態になると次のようなことが体におこります。

  1. 筋肉量が減る、筋力が落ちる
  2. 骨がもろくなる
  3. 細菌やウイルスへの抵抗量が低下する
  4. 体力が低下する
  5. 認知症の発症に影響する

低栄養と判断する基準は次のような項目があります。みなさんは大丈夫でしょうか?

【身体計測】

・体重が6か月間で2-3kg減った。または、1~6ヶ月間の体重減少率が3%以上

・BMI18.5未満

【血液検査】

・アルブミン3.5g/dl未満

・総コレステロール 150mg/dl未満

・ヘモグロビン 男性12.7g/dl 女性11.6g/dl以下

このような低栄養を予防するには、食事ではどのようなことに気を付ければ良いでしょうか?ポイントを5つ挙げてみました。

  1. 1日3食食べること。
  2. 肉魚卵豆腐といったたんぱく質食品を1食に1品は食べること。
  3. 野菜や果物は1日に2品以上は食べること。
  4. 作ることがめんどうな時には、宅配食、半調理品や市販の調味の素も使用してみる。
  5. 栄養補助食品を利用してみる。

 

食事は1食でも抜くと、残りの食事だけで必要な栄養を取ることは難しくなります。分けて食べることは栄養を必要量摂るうえでも大切なことです。たんぱく質食品は1食に1品を食べるようにすると必要量が摂りやすくなります。また、野菜を食べるようにしてください。食物繊維やビタミン、ミネラルを摂ることができます。市販されている調味料の素も塩分が多すぎず使いやすものがあります。カット野菜や温めるだけで食べられるレトルト食品も利用できるものがあります。今はドラッグストアがたくさんありますので、そういったところには栄養補助食品が売られています。食欲がないときにはそういったものを使うのも方法です。また、献立に一工夫することでエネルギーやたんぱく質も増やすことが可能です。

Page_09

たんぱく質という栄養は低栄養を予防するうえで大切な栄養素です。必要量については国から基準が示されています。

Page_10

Page_11

今回のお話の注意点は腎臓病、肝臓病などでたんぱく質をたくさんとってはいけない病気がある方については、今回のたんぱく質の量は当てはまらないということです。そういった病気をお持ちの方は必ず医師や管理栄養士に指示された量を守ってください。

Page_13

Page_14

2018年11月 2日 (金)

GHC糖尿病勉強会

2018年10月31日岐阜ハートセンターハートホールに於きましてGHC糖尿病勉強会が開催されました。

一般演題:座長:山内ホスピタル 副院長 山内 雅裕 先生

      演者:岐阜ハートセンター 循環器内科部長 川村一太先生

      演題:「慢性心不全を外来で診る」

講演される 川村一太先生

Kawamura1

特別講演

     座長:岐阜ハートセンター 院長 松尾仁司 先生

     演者:九州大学循環器病未来医療研究センター

         循環器疾患リスク予測共同研究部門

         部門長(准教授) 岸 拓弥 先生

    演題:「循環器内科医が糖尿病と真剣に向かい合える時代が来た

        ~心臓が正常の糖尿病患者は少ない~ 」

講演される岸 拓弥 先生

Kishi6

     

木彫グループ「萠」 木彫展

2018年11月1日から30日迄金城淑子様が主宰する木彫グループ「萠」のメンバーの作品展が開催されています。展示は金城淑子様を中心に12名、21点の作品が展示されています。

作業を手伝って頂いた皆様

Member_6235 左から 山口昭子様 金城淑子様 包子美惠様 安田恵美様

展示作品

金城淑子様の作品

レリーフ1

Kaneshiro1_6246

Kaneshiro2_6247

Kaneshiro3_6248

レリーフ2

Kaneshiro4_6249_2

Kaneshiro5_6250

岡田和子様の作品

Okada2_6241

Okada3_6242

Okada1_6240_2

井上富子様の作品

Inoue1_6243

Inoue2_6251

Inoue3_6252

伊藤紀美子様の作品

Ito1_6244

Ito2_6255

真野喜美子様の作品

Mano_6245

山口昭子様の作品

Yamaguchi_6253

脇田まり子様の作品

Wakita_6254

林 洋子様の作品

Hayashi_6256

宮本幸子さまの作品

Miyamoto_6258_2

前田千恵子様の作品

Maeda_6259_2

富岡晴代様の作品

Tomioka_6260

包子恵美様の作品

Kaneko_6261

2018年10月29日 (月)

「絵便りと陶芸心和む作品競演」岐阜新聞に掲載されました

2018年10月20日の岐阜新聞岐阜地域版に横山寿美子様と大塚知子様の作品展が紹介されました。

Gifu_20181020

2018年10月25日 (木)

「絵と詩、陶器の2人展 大塚さんと横山さん」が中山道に掲載

絵手紙の横山寿美子様と陶芸作家、大塚知子様の2人展が2018年10月、中日岐阜ホームニュース”中山道”に掲載されました。

Doc08970620181024184951

中山道PDF

doc08970620181024184951.pdfをダウンロード

2018年10月19日 (金)

2018 POPAI が開催されました

2018年10月5日(金)、6日(土)岐阜駅前じゅうろくプラザで2018 POPAI(CI ptimization hysiology nd maging)が開催されました。

Popai

開会の挨拶をされる松尾仁司 岐阜ハートセンター院長

Popai_opening_06100 Seminar の様子

Prfjustin06387 放映中のカテーテル室

Ghc06565

ハートをつなぐ会 横井宏佳先生と松尾仁司先生

2018年10月11日(木)岐阜ハートセンターハートホールに於きましてハートをつなぐ会が開催されました。

講演Ⅰ

座長:伊在井みどり 先生 安江病院 院長

演者:松尾仁司 先生 岐阜ハートセンター院長

演題:「Phisiology と Imagingを活かしたState of art PCT」

講演される松尾先生

Drmatsuo1065

講演Ⅱ

座長:松尾仁司  先生 岐阜ハートセンター 院長

演者:横井宏佳 先生 福岡山王病院 循環器センター長 国際医療福祉大学 教授

演題:「DES植え込み患者の消化管出血対策」

講演される横井宏佳 先生

Dryokoi1067

2018年10月18日 (木)

栄養教室 「中性脂肪・コレステロールを下げる食事」

今回の栄養教室は「中性脂肪・コレステロールを下げる食事」というテーマでお話しさせていただきました。

多くの方は年に一度健康診断を受けますよね。医師からこんなことを言われた方多いのではないでしょうか。

「中性脂肪とコレステロール値が高いですね」こう言われると「私って太ってるのね」と思いますよね。それは間違いです。体格指数が標準でも、2つの検査値が高い方は多くいらっしゃいます。体系によるものではなく、基準値内であってもその「バランス」が重要である事を是非知って頂きたいと思います。

近年、診断の目安として「LH比」が重視されてきました。LH比とは、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」の事です。たとえばLDLコレステロール値135mg/dl、HDLコレステロール値45mg/dlの場合、「135÷45=3」でLH比は3.0となります。 LDLコレステロール値が正常であっても、HDLコレステロール値が低いと心筋梗塞を起こす例が多いため、予防には両方のバランスを示す数値(LH比)が参考されるようになりました。

LH比が2.5以上だと動脈硬化や血栓のリスクが高いため、「ほかの病気がない場合は2.0以下に」、「高血圧や糖尿病がある場合、あるいは心筋梗塞などの病歴がある場合には1.5以下に」を目安とする病院が増えています。

従来は悪玉コレステロール(LDL)が少なければよいという考え方でした。しかし、近年になってLDLコレステロールが140未満の人でも心筋梗塞になるケースがあり、また、HDLコレステロールが高い人でも、まれに動脈硬化を起こすことが分かってきたことにより、これまで推奨されてきた基準値内でも動脈硬化になる可能性があることを知って頂けたらと思います。

日頃からの食生活は生活習慣病予防につながります。一汁三菜に果物・乳製品を加え、間食・飲酒などの嗜好品は適度に楽しみ、健康に留意して頂ければ幸いです。

栄養教室の様子

Lecture_6156

 今回の試食は、一品は参加者の方からリクエストがあり「白和え」を。もう一品は「蛋白質も大丈夫!高野豆腐の肉巻」にしました。白和えは年配の方は好んで食べますが、小さなお子さんは敬遠しがちな料理です。三世代同居のご家庭でも食べられるよう調味料に一工夫してみました。蛋白質は人体の構成に必要な食材です。チーズと大葉を使うことで調味料も控えることが出来ます。ぜひ一度お試しください。

本日の試食

Sample1_6143

Sample2_6146

2018年10月11日 (木)

絵たよりと水彩画:横山寿美子様 & 陶芸:大塚知子様

2018年10月のハートギャラリーの展示は絵手紙作家横山寿美子様の絵たよりと水彩画、そして大塚知子様の絵と陶芸作品の展示です。今回の展示は2回目になります。

Garally_5961

前回は2016年9月「赤ちゃんになるの?お母さん」でした。

今回は、絵便り23点、水彩画9点展示して頂きました。

横山様が絵たよりを始められたきっかけを書かれた文章が添えてありました。

===============================

 化粧品の仕事を止め組織から解放された私は糸の切れた服状態でした。
自由にどこにでも飛んで行ける身の軽さ、私の回りが一変した戸惑い。今まで毎日出会 う人は組織の仲間でしたので急に一人ぼっち。寂しさと気楽さが私を混乱させます。


 そんな頃療養中だった義姉功子姉さんの体調がすぐれない日々が続いていました。 功子姉さんとは夫の姉で私に絵手紙を描く切掛けを作ってくれた人です。
姉はリュウマチで指が曲がって痛い手で描いた絵手紙をよく送ってくれていました。 私も真似して描いてみました。キウイを描いたつもりだがまるで馬糞のようです。 絵の横に「頂き物のキウイ」と書いて送りました。その時絵手紙は絵が下手でも説明 が書けるからいいなと思いました。
届いたらすぐ姉から電話がありました。
「寿美子さん上手!キウイは半分に切って黄緑色の果肉も描くといいよ」

チュウリップを描いて出すと 「寿美子さん上手丨茎には花の色を隠し味で入れるといいよ」

こんな風に面前で教えてもらったことはありませんが、いつも電話でまず褒めてか ら絵を描くコツを教えてくれました。姉との文通は何年も続いておりました。

===============================

S_5980_0000

S_5981_0000

S_5984_0001

S_5985_0000

S_5986_0000

S_5988_0000_3

S_5990_0000

S_5991_0000

S_5992_0000

S_5994_0000

S_5995_0000

S_5997_0000

S_5999_0000

S_6001_0000

S_6003_0000

S_6005_0000

S_6006_0000

Sc_6008_0000

S_6020_0000

S_6021_0000

S_6027_0000

S_6036_0000

S_6037_0000

S_6039_0000

S_6040_0000

S_6041_0000

S_6009_0000_4

S_6017_0000_3

S_6018_0000_3

S_6019_0000_3

S_6010_0001_3

S_6015_0000_3

S_6014_0000_3

 

 

 

 

大塚知子様も絵と陶芸品を展示して頂きました。水彩画3点動物の頭の陶芸品8点、人面の陶芸品3点を展示して頂きました。

その内、1点は伎楽面力士(ぎがくめんりきし)で紹介文には「正倉院に於いて貢納された青筋を立てた忿怒(ふんぬ)の相が表現されており悪漢崑崙(こんろん)を懲らしめる好漢力士の面と推定される。」

水彩画

S_5977_0000

S_5979_0000

S_5978_0000_4

陶芸作品

伎楽面力士

Sc_6049

Sc_6057

Sc_6058

動物

Sc_6044

Sc_6045

Sc_6046

Sc_6047

Sc_6048

Sc_6051

Sc_6052

Sc_6053

Sc_6059

Sc_6060

Sc_6061

Sc_6062

♡皿

Sc_6056

 

2018年9月28日 (金)

第36回運動教室「岐阜ハートセンターが伝える減量に大切な運動」

平成30年9月19日(水)に第36回運動教室「岐阜ハートセンターが伝える減量に大切な運動」が行われました。

 

Lecture1047

肥満やダイエットの方法についての講義と運動実践として、全身を使うダンスを行っていただきました。肥満は高血圧や脂質異常症、糖尿病などの原因となるだけでなく、がんや睡眠時無呼吸、心不全などさまざまな病気を発生させます。講義では、肥満の病態や肥満による病気発生メカニズムなどについてお話をさせていただきました。講義後には音楽を通して全身を使ったダンスを行いました。夏や冬の時期においては屋外での運動が難しいため、自宅内で可能な体操は、減量に対してとても有効的な方法です。間違っていてもよいので楽しく踊ることが運動継続していくためには大事であると思います。

 

Training1049

体重を落とすために巷で流行の「○○だけダイエット」など、極端に偏った方法では短期的な効果はあったとしても、長期的な健康増進に結びつくことはありません。また、食事療法のみで体重を落とそうとすると骨格筋量低下に伴う基礎代謝量低下を引き起こし、減量後のリバウンド発生の恐れがあります。そのためダイエット成功には食事と運動の併用が鍵となります。明日から自分自身の生活習慣について見つめなおしてみませんか? 健康的で美しいからだづくりを始めてみましょう!

 

次回の運動教室は、平成30年11月21日(水)15:00~16:00から実施します。テーマに関しては未定でありますので決まり次第ご連絡させていただきます。多数の方のご参加をお待ちしています。