2019年4月18日 (木)

本日は、塩分だけじゃない!高血圧の食事と題してお話をさせて頂きました。高血圧には大きく分けて2タイプあるのをご存じでしょうか。①本態性高血圧②二次性高血圧です。

ほとんどの方が①の本体性高血圧であります。二次性高血圧とは、ホルモンの異常分泌、腎臓疾患、薬剤の副作用などで起こるものを言います。本態性高血圧の原因は、「はっきりしない」というふうにいわれますが、様々な原因が複合的に関係しているということなのです。

Page2

減塩以外の高血圧改善のポイントとしては、①肥満の改善②野菜・果物を積極的に摂る

コレステロール・飽和脂肪酸を控える魚(魚油)の積極的摂取③節酒④運動といったものがあります。

Page3  

中でも①肥満の改善による降圧の効果は確立されており、減塩と同じくらい効果があるとも言われています。肥満の予防としては、やはり摂取したエネルギーと消費するエネルギーのバランスをとることが大切です。間食習慣のある方、砂糖入りの飲み物をよく飲む方などはエネルギー過剰になりやすいので注意が必要です。②の食事はDASH食と呼ばれるものであり、この食事パターンが最も降圧に効果があるとされています。③節酒は、短期的には血圧を下げる効果のあるアルコールですが長期に飲むとやはり上昇を引き起こします。お酒をやめると1-2週間で降圧の効果を得られたとの報告もあります。④運動については、有酸素運動とストレッチやレジスタンス運動を組み合わせると良いでしょう。有酸素運動は30分程度が望ましいですが、一気に行わすに10分づつに分けて行っても問題はありません。あまりに高い血圧や不整脈のある方は運動が適さない場合もあります。医師の許可を得てから行ってください。これらの生活習慣を複合的に改善することは、より降圧に効果的とされています。 

本日の試食は「さわらのしょうが漬け焼き」と「菜の花のナムル」です。

さわらは青魚の一種で、EPA、DHAが豊富に含まれています。

Page12

菜の花のナムルは野菜不足を手軽に補える1品として、また減塩でもおいしく食べるための工夫を加えました。野菜料理を薄味で食べるポイントとしては、水気をしっかり切ること、そして食材からの水気が出るのを抑えることが挙げられます。今回はごま油を先に和えることによって水気が出ることを抑え、少量の調味料でもしっかりし味を感じられるようにしました。

Page13 栄養教室の様子

Lecture_8565

2019年4月 4日 (木)

第2回 穂翠会書展 開催

2019年4月1日から岐阜ハートセンターハートホールに於きまして 第2回穂翠会書展が開催されています。

15名の17作品が展示されています。開催は4月30日(火)午前中迄。

展示をお手伝いして頂いた皆様。左から、西川様、野寺様、安田様、住田様、河合様、正者様

Member_8096

展示作品

Ando_8158_0000賛助作品 

作者: 安藤秀川 先生

内容: 割據

Suiran1_8148_0000

作者: 安田翠嵐

内容: 夜勤霜林驚落葉

     暁聞天籟発清機

     蕭條巳入寒空静

     颯沓仍隨秋雨飛

Suiran2_8159_0000作者: 安田翠嵐

内容: 春光都左五雲中

     君去春山誰共遊鳥啼花落水空流

     夏雨染成千樹緑

     竹燐新雨後山愛夕陽時

     秋風起兮白雲

     萬壑樹馨満千崖秋気高

     冬嶺秀孤松

     山遠雲埋行客跡松寒風破旅人夢

Tikusui_8151_0000作者: 正者竹翠

内容: 恵風和鴨

Suisou_8152_0000_2

作者: 野寺翠艸

内容: 秋風颯々として黄葉を飄す

     桂月団々として白露に泣く

Kousui_8156_0000

作者: 西川虹翠

内容: 竹外桃花三両役

     春江水暖鴨咲知

Suien_8160_0000作者: 河合翠苑

内容: 清水へ祇園をよぎる桜月夜

     こよひ逢う人みな美しき

Suihou_8161_0000

作者: 住田翠朋

内容: 心華

Kissui_8153_0000作者: 広瀬喜翠

内容: 古墨軽麿満几香

Housui_8154_0000

作者: 大脇豊翠

内容: 好雨知時節

Suikei_8155_0000

作者: 加納翠景

内容: 清風萬里

Keisui_8157_0000

作者: 夏目渓翠

内容: 春種不下秋実何獲

Suisyo_8162_0000

作者: 杉野翠祥

内容: 春江潮水

     連海平海上明月共潮生

Suisyu_8163_0000作者: 葛西翠珠

内容: 春風桃李花門日

     秋雨梧桐葉落時

Wakana_8164_0000_2作者: 仙石若奈

内容: 明珠在掌

Suikei_8165_0000

作者: 加納翠景

内容: 延寿萬歳

Kana_8166_0000

作者: 廣瀬佳菜

内容: 光陰如流水

2019年4月 2日 (火)

病院の実力 心臓病 「手術で血液の滞留解消」

読売新聞、2019年3月24日(日)岐阜版の病院の実力 心臓病 に岐阜ハートセンター松尾仁司院長 がインタビューを受けた結果が掲載されました。

Yomiuri_news_paper_20190324 yomiuri_news_paper_20190324.jpgをダウンロード

2019年3月20日(水)読売新聞に掲載された主な医療機関の心臓病の治療実績(2017年)

Yomiuri_jisseki

yomiuri_jisseki.jpgをダウンロード

2019年3月 8日 (金)

栄養教室「Let's ダイエット」

今日の栄養教室は、「Let's ダイエット」というテーマでお話させて頂きました。

まず身長と体重からBMIを算出しました。

BMI=体重(kg)÷(身長m)2 で算出することができます。

BMIは肥満や痩せを知る国際的な指標です。18.5~25未満は標準。25以上は肥満と判定されます。みなさんはどうですか?肥満の医学雑誌に、BMI30以上の人では、死亡率のリスクが増えるデータも出でいますので、太り過ぎには注意して下さい。

食事で大切なポイントは、お菓子やアルコールなどはほどほどに控える、揚げ物や脂の多い肉は控える、ご飯やもちなど糖質の多い食品は摂り過ぎない、早食い、夜遅い食事に気を付けるなどが挙げられます。食事だけでなく、運動も取り入れて頂くと、基礎代謝量が増え、痩せやすく、リバウンドしにくい体を作ってくれるますので、体を動かす習慣を付けましょう。

ダイエットは、食事制限を行うので長続きせず、リバウンドを繰り返す人がたくさんみえます。一大決心をしてダイエットを取り組んでいる人は、「甘い物は絶対に食べない」などという目標をたてますが、このような無理な目標は、失敗する可能性が高くなります。完璧主義の発想はやめ、できる範囲での目標をたて、継続的に行えるダイエットを行っていきましょう。

 

Lecture_7616

本日の試食です♪

1品目はさば缶のトマト煮込みです。鯖は脂が多く、中性脂肪が上がることを心配されますが、青魚に含まれる脂は逆に中性脂肪を下げてくれる効果があります。

Sample1_7608

Sabakan_1

2品目はほうれん草のしらす和えです。ほうれん草にはほうれん草には、チラコイドという成分が含まれています。チラコイドには、満腹ホルモンの分泌を増やす効果があるので、食べ過ぎてしまうのを抑えることができます。

Sample2_7597

Hourensou_2

2019年3月 5日 (火)

フォトグループ 四季彩 写真展

2019年3月1日から3月29日までフォトグループ四季彩による写真展が開催されています。

Shikisai_7389 左から 竹中好明先生 と 四季彩のメンバー 村瀬隆一様、安藤久夫様、潮崎由紀江様、新川友彦様

展示作品

竹中 好明 先生

山麓の秋 (撮影:揖斐川町)

Takenaka_7461_0000

村瀬 隆一様の作品

牧場の朝(撮影:長野県美ヶ原)                      真夏のあまのじゃく(大垣市平町)

Bokujyou_7476_2

Manatsu_7477_2

秋 天高く (撮影:長野県蓼科高原)               いい湯だな (撮影:長野県地獄谷野猿公園)

Aki_7478_2

Iiyu_7481

氷剣 (撮影:長野県 新滝)                 家族揃って一休み (撮影:長野県安曇野)

Hyou_7480

Kazoku_7482

 

彼岸花の麓から (撮影:本巣市 やすらぎの林)

Higanbana_7483

新川友彦様

春爛漫 (撮影:揖斐川町春日)              きらめき (撮影:大垣市赤坂町)

Haru_7479

Kirameki_7484

静寂 (撮影大垣市曽根町)                    食事中 (撮影:ひるがの)

Seijyaku_7486

Syokuji_7487

呼びかけ (撮影:大垣市赤坂町)              競う (撮影:大垣市曽根町)

Yobikake_7489

Kisou_7485

安藤久夫様

面相Ⅰ (撮影:岐阜市)                      面相Ⅱ (撮影:岐阜市)

Mensou_7496

Mensou_7497

秋のいろどり (撮影:三重県三重郡御在所)           去りゆく秋 (撮影:三重県三重郡御在所)

Aki_7498

Sariyuku_7501

ふたご座流星群 (撮影:岐阜市)               乱流 (撮影:三重県志摩郡安乗岬)

Futagoza_7431

Ranryu_7505

創立50周年の岐阜女子大学 (撮影:岐阜市太郎丸)

Souritu50_7506

潮崎由紀江様

夜空のファンタジア (撮影:関ヶ原町)               岩壁に咲く (撮影:加茂郡七宝町)

Yozora_7422

Ganpeki_7494

独奏 (撮影:愛知県江南市)                  影 (撮影:本巣市やすらぎの林)

Dokusou_7491

Kage_7495

花火競演 (撮影:関ヶ原町)

Hanabi_7514

 

2019年2月27日 (水)

ハートをまもる 心房細動/心不全カンファランス

2019年2月22日、岐阜ハートセンターハートホールに於きまして”ハートをまもる 心房細動/心不全カンファランス” が開催されました。

特別講演1

座長: 山田メディカルクリニック 澤田 三紀 先生

演者: 岐阜ハートセンター循環器内科医長 三宅 泰次先生

演題: 「心不全時代の心房細動治療」

講演される 三宅 泰次 先生

Miyake1211

特別講演2

座長: 岐阜ハートセンター 院長 松尾 仁司 先生

演者: 兵庫県立姫路循環器病センター 循環器内科 大石 醍悟 先生

演題: 「循環器病専門病院で実践する心不全の緩和ケア―」

講演される 大石 醍悟 先生

Oishi1219

「手術数でわかる いい病院」週刊朝日MOOKに岐阜ハートセンターが掲載されました

2019年3月発行の「手術数でわかる いい病院」週刊朝日MOOK」に岐阜ハートセンターが掲載されました。

Asahi_mook1

Syujyutu

Shinkate31

Ab71

2019年2月21日 (木)

岐阜ハートセンター開院10周年感謝の集い

平成21年2月5日に開院してから10年が経過いたしました。

これも地域の皆様、医療関係者の皆様に多大なるご支援、ご協力のたまものと考えています。

2月17日に岐阜グランドホテルにて医療機関(医師175名)、医療機器関係者の方々と従業員、従業員OB・OG総勢402名で岐阜ハートセンター開院10周年感謝の集いを開催いたしました。

開式の辞を述べる 医療法人澄心会理事長 鈴木 孝彦 先生Suzuki_0095_3

開式の辞を述べる 岐阜ハートセンター 院長 松尾 仁司 先生

Matsuo_0113

来賓挨拶

岐阜県医師会会長 小林 博 様           岐阜市医師会会長 広瀬 洋 様

Kobayashi_0119

Hirose_0122

和歌山県立医科大学循環器内科教授 赤坂 隆史 様   岐阜大学大学院医学系研究科

                                     循環器呼吸病態学 第2内科教授 大倉 宏之 様

Akasaka_0129_2

Okura_0133

♡乾杯の発声をして頂いた遠渡内科院長 遠渡 豊寛 様

Endo_0138

♡ビデオメッセージで挨拶する 岐阜ハートセンター 副院長 土屋 邦彦 先生

Tuchiya

♡感謝の集いの会場の様子

Grand101406

Grand201407

♡閉会の挨拶をする岐阜ハートセンター副院長 冨田 伸司 先生

Tomita_0576

 

2019年2月 8日 (金)

本日は高血圧の食事療法としてお話をさせて頂きました。

Lecture_7227 

一般的に高血圧とは140/90を超えている場合に言われます。ご家庭で測定した場合はこれよりマイナス5した値です。 

高血圧は循環器疾患最大の危険因子といわれており、全身の動脈硬化や心臓・腎臓への障害を起こして、最終的には命に係わる事態につながる可能性があります。 

塩分=ナトリウムのとり過ぎは血液の塩分濃度を高めるように働きますが、ヒトのからだはそれを防ぐために、細胞の中の水分を血液に移行させて、血液の塩分濃度が上がらないようします。すると、血液の量が増えます。血液の量が多ければ多いほど血管の壁には強い力がかかり、血圧が高くなってしまいます。また、食塩に含まれるナトリウムは血管を収縮させるホルモンの反応を高めることで血圧を高くします。こういった理由で高血圧の予防・治療には、減塩が第一です。 

減塩をすると血圧が下がることは、研究結果(DASH-Sodium研究)から証明されています。塩分を1g減らすと血圧は1mmHg下がると言われており、とても小さな変化に思えますが10gの食塩を摂っている日本人が6gまで減らすことができれば、日本人全体としては病気の発症の予防に大きな効果があります。 

「私は血圧の薬を飲んでいるから減塩しなくても大丈夫」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は薬を飲んでいる人でも減塩をしているかしていないかで血圧コントロールに差がでます。血圧の薬の半分くらいは食塩が多いと効果がやや弱く、食塩を制限するとよく効くことがわかっています。治療中の方もやはり減塩が大事ということになります。 

減塩のポイントをいくつかご紹介します。参考にしてください。 

まずは調味料編。辛みが強いものは塩分が少ないと思われるかたもいるかもしれませんが、種類によっては塩分も多い調味料があります。勘違いしやすいものをまとめてみました。

Salt1_2

Salt2

塩味を感じない食品にも食塩は含まれていたりります。

特にパンは注意が必要です。また今は流行の魚の缶詰も注意が必要です。

Salt3

調理で気を付けると良いポイントは、まず減塩調味料は少しずつ使うようにしましょう。普段使っている調味料と半分ずつで使うのも方法です。そして、塩分0の調味料がありますのでそれらを使って味を補います。香りつけにこしょうや青じそなど、辛みにとうがらしや山椒、酸味はレモンや酢、こくをだすのに油類を使うと良いと思います。

食べ方で気を付けると良いポイントは、まず汁物は「薄味が良いから」とお湯で薄めるのでは減塩の効果はありません。濃度はそのままでも良いので、盛り付ける量を減らすようにしましょう。そして、高塩分の食品や料理は食べるのをやめるのではなく回数を減らすことです。好きなものを我慢するのはとても大変なことですので、長続きする方法を実行していきましょう。 

今回の試食は和風水だしを使用した牛肉とごぼうの煮物と食塩0の調味料である粉山椒を使ったピーマンとしらすの炒めものです。

Sample1

Sample2_2

2019年2月 6日 (水)

ハートギャラリー 「ものとかたち・つながるアート」 ”光と風” のむらしげ代

2019年2月のハートギャラリーはのむらしげ代様のコラージュ展です。

のむらしげ代様のコメント

第11回コラージュ展「ものとかたち・つながるアート」

       サブタイトル「光と風」

   ものと形、人と人はつながっていき

あたたかい光の中で織りなす世界を展開していく

ジャポニズムとコンテンポラリーアートの融合を

     コラージュの手法で表現

    ささやかな小さな宇宙ながら

 未来はわずかに明るい音色が聴こえる

コラージュの説明(コラージュの歴史より)

コラージュとは「貼り付け」を意味するフランス語

コラージュが絵画用語となったのは、キュビズム時代のピカソやブラックがはじめた「パピエ・コレ」始まりである。

その後、ダダイストやシュルレアリストによって発展し、60年代のポップ・アートの一形式にもなり、20世紀を通して現代美術の主要な技法となる。

今世紀に入って平面から立体へ、さらに音楽分野へと転じ映像文化でも一体化される。

展示風景

今回は11回目の展示となります。今回は能と音楽を主体にした作品が多く、21作品展示して頂きました。

Nomura_9893

展示作品

No1_9908_0000

No2_9909_0000

No3_9910_0000

No4_9913_0000

No5_9914_0000

No6_9916_0000