2017年8月 2日 (水)

「わた絵」展 & 「ストロー画と切り絵サークル」展

 

 

2017年8月は長尾よしみ様の「わた絵」展と近藤 浩様のストーロー画、近藤様が指導されている「切り絵サークル」のメンバーが作成された切り絵が展示されています。

Garally_1268

「わた絵」展

天然の綿のみを使用した「わた絵」は長尾よしみ様が独自で編み出された技法です。

もともと押し花講師をされていて、押し花でも綿を利用して、雲や水、霧などを表現しますが、綿のみを使い動物を細部まで表現することはありませんでした。綿の天然の色合いのみを利用して陰影をつけるのは大変ではありますが、「写真みたい!」と驚かれることもあり、新しい作品作りの励みとなっているそうです。

この「わた絵」は長尾様の努力の甲斐あって、商標登録されました。

笑顔の長尾よしみ様

Nagao_1263

写真をまねて作成した「わた絵」 左が写真、右が「わた絵」

Photo_1271

Watae_1273

 

 

Photo_1276_2

Watae_1277_2

そのほかの作品

Castle_1285

Ukai_1288

Cat_1290

Tiger_1297_0000

パイプ画

近藤 浩様は長年パイプ画を作成されています。

色紙をパイプ状に巻きつけ、これを縦に並べ絵作られます。この時パイプの長さにバラエティを持たせることにより、奥行き感を持たせています。

Turu_1303

Sekisyo_1305

Sakura_1307_0000

近藤 浩様と「切り絵」サークルの皆様と

左から;中島裕子様、奥田輝子様、近藤 浩様 大橋敦子様 、森 弘子様

Kondo_1236

ハートギャラリーには「切り絵」サークルの皆様の作品が展示されています

切り絵のオリジナルは中日新聞購読者に毎月配布されるClife(シーライフ)の表紙。

これから切り絵を作られ、各自の思考を凝らして作成されています。

大橋 敦子様の作品

Ohashi_1320

Ohashi_1335

中島 裕子様の作品

Nakashima_1317

Nakashima_1318

♡♡

森 弘子様の作品

Mori_1309

Mori_1337

奥田輝子様の作品

Okuda_1325

Okuda_1334_3

2017年8月 1日 (火)

peripheral intervention workshop

2017年7月28日 岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして「peripheral intervention workshop」が開催されました。

基調講演は岐阜ハートセンター形成外科 菰田拓之先生

テーマ:「CLIの包括的治療 ~形成外科の観点から~」

基調講演される菰田先生

Komoda8948

特別講演として 春日部中央総合病院 循環器内科 総括部長 安藤 弘先生

特別講演テーマ:「ここまで出来る!循環器内科のEVT最先端テクニック」

特別講演される 安藤 弘 先生

Ando8952

2017年7月26日 (水)

2018年カレンダー用写真募集

岐阜ハートセンターでは2018年用カレンダーを作成いたします。

皆様に12月初旬に配布できるように写真の募集を8月初めから9月末まで行います。

募集写真は岐阜県と岐阜県に接した県で撮影した写真です。

応募写真は2L以上の大きさ又は写真のJPEGデーター。

出来れば、JPEGデーターで頂ければ幸いです。

提出していただく写真には

写真NO、撮影月、撮影場所、写真のテーマ、コメントを付けてください。

応募写真は、岐阜ハートセンター受付で受け付けます。

又、写真のJPEGデーターを下記メールに添付して送って頂いても結構です。

メールアドレス: gifu@heart-center.or.jp

20182018

2017年7月20日 (木)

GHC心臓核医学セミナー 「D-SPECTが変えた新しい心臓イメージング」

2017年7月14日 岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして GHC心臓核医学セミナーが開催されました。

指名講演:「シンチ開始一年を迎えて」

演者:岐阜ハートセンター循環器内科部長 川村 一太 先生

岐阜ハートセンターでシンチを導入して一年が経過しました。導入した装置D-SPECTはコンパクトで短時間撮影ができ、好感度、高解像度で従来の設備と比較し衝撃的に画像がシャープで鮮明に映り、見逃すこともない素晴らしい診断ができる。

講演される 川村 一太 先生

Dr_kawamura_184657

特別講演:「D-SPECTが変えた新しい心臓イメージング」

松本 直也 先生(日本大学医学部付属病院 循環器内科 教授)

松本先生は心臓核医学のみならず画像解析の分野のオピニオンリーダーでアメリカ心臓核医学学会の認証医を日本人で初めて取得された方です。

講演される松本 真也 先生

Dr_matsumoto_190702

2017年7月14日 (金)

心結(ここみ)の書ロビー展が岐阜新聞に掲載されました

2017年7月14日(金)岐阜新聞岐阜地域版に心結(ここみ)の書ロビー展が岐阜新聞に掲載されました。

Gifushinnbunn

2017年7月12日 (水)

七夕飾り

今年も七夕の笹に皆さんの願いを込めた短冊を飾っていただきました。

・短冊には家族みんなが健康でありますように

・希望の進路に進めますように

・ミサイルが飛んできませんように!!

・運命の人と出会い幸せな毎日が送れますように

皆さんの願いを書かれた短冊の結ばれた竹笹は7月8日の朝引き下げられ、栄壽山大法寺 石橋卓定上人の御祈祷を受け、皆さんの願いが煙に乗って天空まで届きますよう、お祈りいたしました。

Gallery_1186

 

Piece_of_wish_paper_1191

2017年7月 6日 (木)

栄養教室 「腎臓病の食事療法」

7月の栄養教室のテーマは、「腎臓病の食事療法」についてお話させて頂きました。

腎臓は、ソラマメの様な形をしており、背中側の腰骨の少し上に左右1個ずつあります。大きさは握りこぶし大の大きさです。 働きとしては、血液をろ過して老廃物を外に追い出してくれたり、血圧と水分の排出量をコントロールしてくれます。その他に、血液を作る指令官の役割や体液量・イオンバランスの調整、強い骨を作る手助けをしてくれます。 腎臓の働きが正常であれば、塩分をある程度多く摂っても尿として排出されるので体の水分は一定に保たれますが、生活習慣病(糖尿病や脂質異常症、メタボリックシンドロームなど)や喫煙、運動不足により、腎臓の機能が低下しますと、むくみや高血圧、息切れ、貧血などの症状が出ます。そして将来的には、脳卒中や心筋梗塞などの病気を起こす可能性があります。

 腎臓病の食事療法としては、塩分を控えることは必須です。減塩のポイントは、汁物や漬物、梅干しなど塩分の多い食品を控え、主菜は普通の味付けにし、副菜は味を薄くするようにすると良いです。

豆腐や和え物にかける醤油は減塩醤油を使用し、だしをとるときはだしパックを使用されると良いと思います。

 また腎臓機能のステージによっては、たんぱく質の多い食品を控えて頂く場合があります。たんぱく質は、魚や肉、卵、大豆・大豆製品などに多く含まれており、ご飯や麺類などの主食になる食品にも含まれています。たんぱく質量を調整したご飯や麺類、パンなどがありますので、上手に利用して頂くといいでしょう。 そして、適正なエネルギーを確保することも大事になっていきます。肥満だからと言って、極端な食事制限はやめましょう。油脂などを上手に使っていくことも重要になっていきます。症状によっては、水分、カリウム、リンを控える場合がありますので、医師や管理栄養士に相談して頂くことをおすすめします。

今日の試食です♪1品目は『減塩ツナじゃが』です。だしはだしパック、醤油は減塩醤油(減塩40%カット)を使用しました。ツナのだしも出て薄味でもおいしい1品になっています。2品目は、『春雨とにらの中華炒め』です。春雨は蛋白質も少なく、エネルギーを摂るには良い食材です。卵にはリンが多く含まれますが、半量にしています。あっさりとしていますので、暑い夏場でもおすすめの1品です。是非作ってみて下さい♡

Recipe_1

Recipe2

栄養教室の様子

Lecture_1166

本日の試食

Sample1_1160

Sample2_1163

2017年7月 5日 (水)

FFR Special Lecture by Nico H.J.Pijls,MD,PhD

2017年7月4日 岐阜ハートセンター 1F ハートホールに於きましてNico H.J.Pijls,MD,PhD

さんのFFR(Frectional Flow Reserve)の特別講演をしていただきました。

PijlsさんはFFRのコンセプトを考え出された世界的に有名なDrです。当院の松尾院長との旧友であり、特別講演をしていただくことになりました。会場からの質問のあり、FFRについて有意義な討論が出来ました。

Professor Pijlsさんを紹介する松尾院長

Intro_matsuo_1103 ♡

当院のFFRの状況を説明する岐阜ハートセンター循環器内科部長 川瀬世史明先生

Kawase_1116

Kawase_1120

講演される Pijls先生

Nico_1130

参加された方々と

Member_1156

ハートをつなぐ会「抗血栓療法における消化管障害の実態」他

2017年6月22日 岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして「ハートをつなぐ会」が開催されました。

講演Ⅰ 「岐阜ハートセンターにおけるTAVIの現状とこれから」

     岐阜ハートセンター 循環器内科部長 大久保宗則先生

Okubo201706221932247

講演Ⅱ

「抗血栓療法における消化管障害の実態

~消化器内科の立場から見たベストマネジメント~」

岐阜市民病院 消化器内科部長 加藤則廣 先生

講演される加藤先生

Kato8855

2017年7月 4日 (火)

心結(ここみ)の書展  服部黎香と仲間たち

2017年7月1日から7月31日まで岐阜ハートセンター ハートホールに於きまして、ペン習字教室を開催されている服部黎香先生と生徒さん8名の16作品が展示されています。ろうけつ染めも8点添えて展示されています。

今回は服部先生から”心の結びつき”をテーマに作品作りを支持され、それに沿った作品を制作、展示していただきました。

服部黎香先生プロフィール

日本書道学院・ペン習字研究会 穂積支部長として17年、書歴30年以上の実績あり。海外ハワイ・アジア等でアート書道で賞多数。

展示を手伝って頂いた方々

左から高橋慈遜様、服部黎香先生、金森朱香様、三輪希久子様

Member_1006 

展示風景

Gallery_1094

展示作品

服部黎香先生

テーマ(華心)

散るバラ、咲き誇るバラ、共に心を結び、アロマを多くに降り注ぐ。多くに幸あれ!

Hattori_1028

♡髙橋慈遜様                               ♡金森朱香様

Takahashi_1018

Kanamori_1033

♡三輪希久子様                              棚橋照子様

Miwa_1035

Tanahashi_1019

♡坂 扇秀様                         神崎 瞳様

Saka_1023

Kanzaki_1032

♡足立尚司様                             長尾奈美様

  Adachi_1038

Nagao_1092