2019年7月11日 (木)

栄養教室「腎臓病の食事療法」

今回の栄養教室は「腎臓病の食事療法」というテーマでお話しをさせていただきました。
腎臓は、老廃物を外に出したり、体内の水分量やミネラルの量を調節したりと、とても重要なはたらきをしています。


腎臓病の定義としては
1.尿たんぱくや血液、腎臓病を疑う所見
2.糸球体ろ過量(GFR:腎臓の働きを表す単位)が60ml/分(正常100ml/分)
 
1または2のいずれか、あるいは両方が3か月以上持続する状態となっています。
 
病院で腎臓病を指摘されたときは、生活習慣の見直しが必要です。
1.薬物療法 → 薬は飲み忘れることなく飲みましょう。
2.食事療法 → 食生活を見直しましょう。
3.血圧コントロール → 薬、減塩、軽い運動が大切です。
4.生活上の注意 → 過労やストレスを避け無理のない生活をしましょう。禁煙、節酒も大切です。
 
食事療法で大切なのは以下の3点です。
1.たんぱく質の量と質に注意する。
  たんぱく質を摂り過ぎると腎臓に負担をかけます。特に、ごはんやパン、麺類などの植物性の食品に含まれるたんぱく質は、あまり質がよくないです。低たんぱくごはんや低タンパクのパンなどを利用することもおすすめです。
 
2.塩分を控える。
  塩分を摂り過ぎると、血圧が上がります。高血圧は腎臓にも心臓にも負担をかけます。むくみが出たりすることもあります。薄味を心がけ、塩分を多く含む梅干しや漬物などは控えるようにしましょう。

今回の栄養教室では、お試しで減塩しょうゆをお配りしました。市販でも減塩しょうゆや減塩みそなどは売られているので、そういった商品を利用すると良いでしょう。栄養成分表示なども見る習慣をつけ、塩分の多く含んでいるものは控えるようにしましょう。
 
3.エネルギーをしっかり摂る。
  エネルギーをしっかり摂らないと、体のたんぱくが壊され老廃物が増えます。バターやオリーブオイルなどを上手に利用し、タンパク質を減らした分、油でエネルギーをしっかりと摂るようにしましょう。
 
無理をしたり、睡眠が不足したりすると病気が進行してしまうことがあります。

ご自分の病気をしっかりと理解し、食事や運動、生活全体を見直すことが大切です

栄養教室の様子 

Lecture_9483


 
 
本日の試食♪
夏野菜の肉巻き
ズッキーニやパプリカなど夏野菜を使ったメニューです。野菜を肉で巻くことで、少ない肉の量でも満足感が得られます。バターを使うことで風味がよく、減塩しょうゆでもおいしく食べることができます。

Sample1_9466

Sample1recipe


 
春雨の中華風サラダ
春雨はたんぱく質を含まないでんぷん食品です。ごま油の香りで薄味でもおいしく食べられます。酢を入れることで、さっぱりとして食べやすくなります。こちらのメニューも減塩しょうゆを使って提供しましたが、試食をされた参加者からは「減塩しょうゆでもおいしかった」と満足していただきました。
 

Sample2_9465

Sample2recipe

本日のレシピr1710.pdfをダウンロード

2019年7月 8日 (月)

岐阜ハートセンター ハートギャラリー展示予定

岐阜ハートセンターのハートギャラリーの展示予定

2019_2020gallery

2020年カレンダー用写真募集

少し早いですが2020年カレンダー用写真を募集いたします。

期限は9月末日です。応募いただいた方には完成したカレンダーをお送りさせていただきます。

又、写真を採用させて頂いた方には簿謝をお送りさせていただきます。

2019 応募用紙(参考)

2020.pdfをダウンロード

2019年7月 1日 (月)

小松章二様写真展「第3回 季節の風に誘われて」

小松章二様の写真展が岐阜ハートセンター ハートギャラリで開催されています。

期間は7月1日から7月31日まで。

ホームページではなかなか再現できない繊細な写真です。是非、ギャラリにお越しいただき現物を楽しんでください。

小松様からのメッセージ

第3回 季節の風に誘われて

本日はお忙しい中「第3回季節の風に誘われて」の写真展にお越し頂きありがとうございました。

自然の中で身を委ねながら、四季折々の出会いに感動して心安らぐ自然風景を撮影しています。

これからも心に安らぎを覚え郷愁を感じる風景、自然が織りなす光と影、刻一刻と変わりゆく風景を大切に表現していきたいと思っています。

この写真展をご覧になって、自然に対する優しい気持ちを持って頂ければ幸いです。

本日はありがとうございました。

                             日本風景写真協会 岐阜第一支部 小松章二

作品の前の小松章二様

Komatsua_9352_2 

展示作品

 

As_9427_0000

Ar_9430_0000

Aq_9434_0000

Ap_9401_0000

Ao_9444_0000

An_9386_0000

Am_9383_0000

Al_9375_0000

Ak_9373_0000

Aj_9371_0000

Ai_9370_0000

Ah_9369_0000

Ag_9368_0000

Af_9367_0000

Ae_9366_0000

Ad_9364_0000

 

Ac_9363_0000

Ab_9362_0000a_2

Aa_9361_0000

 

 

 

2019年6月21日 (金)

ハートネットワークカンファレンス~虚血性心疾患合併心房細動の薬物療法を考える~ 

2019年6月19日岐阜ハートセンター ハートホールに於きましてハートネットワークカンファレンスが開催されました。

テーマは「虚血性心疾患合併心房細動の薬物療法を考える」

セッション①

座長:岩砂病院・岩砂マタニティ 病院長 長野俊彦 先生

演題:「TAVI,マイトラクリップについて」

演者:豊橋ハートセンター 循環器内科 医長 山本 真功 先生

講演される 山本 真功 先生

Yamamoto201906192

セッション②

座長:岐阜ハートセンター 病院長 松尾 仁司 先生

演題:「Update anti-thrombotic therapy for patients with AF and CAD

       ~AUGUSTUS試験をふまえて~

演者:北里大学 循環器内科学 講師 下浜 孝郎 先生

講演される下浜 孝郎 先生

Shimohama201906194

2019年6月14日 (金)

岐阜新聞にモレラ岐阜教室「第3回水彩画展」が掲載

2019年6月1日から岐阜ハートセンター ハートギャラリーで開催されているモレラ岐阜教室(内藤優子先生)の生徒12人(遺作2名)の作品展が岐阜新聞に掲載されました。

Gifu_shinbun_20190607

ハートをつなぐ会 富山大学 絹川弘一郎 教授

2019年6月12日(水)岐阜ハートセンター ハートホールに於きましてハートをつなぐ会が開催されました

一般講演として 司会:安江病院院長 伊在井みどり先生

           演題:「岐阜ハートセンターにおける心不全治療の実情」

           演者:岐阜ハートセンター 循環器内科 部長 川村 一太 先生

Awamura20190612

特別講演として 司会:岐阜ハートセンター病院長 松尾仁司 先生

          演題:「ガイドラインに基づいた心不全治療における水利尿薬の位置付け」

          演者:富山大学大学院医学薬学研究部 内科学第二講座 教授 絹川弘一郎 先生

Phd_kinukawa20190612

           

2019年6月12日 (水)

第3回水彩画展 (モレラ岐阜教室)

2019年6月1日から6月28日まで岐阜ハートセンター ハートギャラリーにおきまして(講師)日本水彩画会会員・岐阜県水彩画会会員:内藤 優子先生指導のモレラ岐阜教室の皆様の作品を展示しています。

12名の31作品と2名の遺作3作品が展示されています。

展示して頂いた皆様

Members_9074 展示作品

内藤 優子 先生

アンティーク人形                        古い街

Naito_9109_0000

Naito_9106_0000

臼井 一夫 様

深林宿雪                                   樹

Usui_9098_0000

Usui_9092_0000

♡初夏の木道

Usui_9088_0000

林 郁子 様

富士山                 クリスマスローズ

Hayashi_9099_0000_2

Hayashi_9085_0000

佐藤 信子 様

川                        白い花

Sato_3387_0000

Sato_9122_0000

川村 政子 様

 様寒牡丹                       バラ                 バラ

Kawamura_9091_0000

Kawamura_9123_0000

Kawamura_3391_0000_2

林 政子 様

春爛漫                                ブーケットの昼下がり

Hayashi_9100_0000

Hayashi_9094_0000

A

A

野菜

Hayashi_9090_0000

 

服部 佳津子 様

ボンベイの史跡                 軽井沢

Hattori_9096_0000_2

Hattori_9087_0000_2

 

A

A

A

A

オーヴェールの教会

Hattori_9084_0000A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

児玉 和子 様         

ジャーマンアイリス                   谷汲線

Kodama_9104_0000

Kodama_9095_0000

東大寺二月堂

Kodama_9086_0000

吉田 孝雄 様

伊吹山                     伊吹山2

Yoshida_9101_0000

Yoshida_9089_0000

箕浦 泰子 様

舞妓さん                                  薔薇

Minoura_9102_0000

Minoura_9093_0000

A

A

A

A

A

A

A

阿修羅像

Minoura_9111_0000_2

堀部 孝幸 様

チャゲとハナ           ベネチア

Horibe_9083_0000_3

Horibe_9082_0000_3

Horibe_9081_0000_2

峰松 くるみ 様

寄せ植え                          静物                

Minematsu_3400_0000

Minematsu_9119_0000

遺作

福地 利子 様

安曇野                      松尾池

Fukuti_9113_0000

Fukuti_9118_0000

遺作

箕浦 千尋 様

トルコキキョウ

Minoura_tihiro_9114_0000

2019年6月 6日 (木)

栄養教室『心不全の栄養管理』

今回の栄養教室は、『心不全の栄養管理』についてお話させて頂きました。

栄養教室の様子

Lecture00864

心臓はからだに十分な酸素と栄養がいきわたるよう血液を循環させるポンプの働きをしています。しかし心不全になりますと、ポンプの働きが弱くなり、全身へきれいな血液を上手に送れない状態となり、むくみや息切れ、身体がだるい、手足の冷感、咳・痰が出る、夜間頻尿などといった症状が出てきます。

食事療法では、塩分を制限することが重要です。減塩のポイントは、薄味に慣れることが重要で、塩分計などを使用し、自宅の味付けが濃いのか薄いのか確認して頂くことをおすすめしています。また麺類を食べる回数が多く汁まで飲んでしまう方は1日に摂ってよい塩分量を超えてしまう恐れがあるので、汁は必ず残すようにしましょう。漬物や梅干し、佃煮、インスタント食品、干物などは塩分が多いので注意して下さい。レモン汁やゆず、すだちなどの酸味やにんにく・生姜・ハーブなどの香辛料を利用したり、だしパックを使用することは減塩につながります。

その他に、水分の摂り過ぎ(個人によって異なる)や食欲低下、過度な飲酒は心不全を悪化させる原因となるので、注意して下さい。

日常生活では、十分な睡眠と休養をとり、夏冷房の効き過ぎた部屋からそうではない所に出ると血圧が上昇するので、、外気との温度差が5度以上にならないように注意して下さい。また、内服や毎日体重測定を行うことを習慣づけて下さい。体重が1週間で2kg以上増える場合は、水が溜まっている証拠となりますので、そのような場合は、主治医に相談して下さい。

栄養教室のレシピです♪

1品目は「夏野菜のカレー炒め」です。カレー粉などの香辛料を使用することで、醤油などの調味料を減らすことができます。心不全は食欲がなくなる病態であり、カレー粉は食欲増進に役立ちます。

Photo

Vegitable

2品目は「たこの生姜醤油和え」です。香辛料の生姜も使用することで、調味料を減らすことができます。たことの組み合わせ合いますよ。

Sample2

Octopas

 

2019年5月20日 (月)

和田孝夫様の写真展が中日新聞中山道に掲載されました

2019年5月18日(土)中日岐阜ホームニュース「中山道」に岐阜ハートセンターで開催中の和田孝夫さんの写真展が「独自の視点で花や富士」と題して掲載されました。

Nakasendou2019_5_18