医療関係者の皆様へ Feed

2017年4月 5日 (水)

岐阜ハートセンターから世界への情報発信

岐阜ハートセンターから世界への情報発信

 

岐阜ハートセンターは地域医療に対する貢献とともに、医療界への貢献も視野に入れて臨床研究に参画しています。

現在、DEFINE FLAIR  study,  ADVANCE registry,  DEFINE-FLOW study, FAVOURⅡなど多くの医師主導型多施設国際共同研究に参加しています。その中の一つDEFINE FLAIR研究は、2017年3月のアメリカ心臓病学会のlate breaking clinical trial で注目の発表となり、New England Journal of Medicineに同時掲載されました。このようなガイドラインを変えるインパクトある研究に岐阜ハートセンターが貢献できたことは大きな一歩と考えています。http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1700445

 

岐阜ハートセンター

松尾 仁司 

2016年6月10日 (金)

心臓核医学(RI)検査、院内勉強会開催

岐阜ハートセンターでは患者さまに対して侵襲性が少ない検査を行うため、全国でも導入数が少ない、岐阜県では初めての高精度の心臓用半導体SPECTシステム ”D-spect”を導入いたします。

7月からの実施に向け、院内で心臓核医学(RI)検査に関する勉強会を開催いたしました。

講師は岐阜ハートセンター循環器内科部長 川村一太先生

1.心臓核医学とは、2.RI検査で何がわかるのか、3.検査結果をどのように解読するのか、4.RI検査の有効性は何か、5.オーダーの流れについて、

会場のハートホールは満員でした。

Ri_insp_1613

心臓核医学(RI)検査説明パンフレット

Ri_1

Ri_2

2016年1月 4日 (月)

2016年 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

今年も病院理念に沿った、患者さまに向き合った治療を行っていきます。

よろしくお願いいたします。

病院理念

安全(Safety)

やさしさを医療の中心においた、何よりも安全な医療の提供に努めます。

専門技術(Specialty)

心臓疾患専門病院として、どこにも負けない確かな技術の提供に努めます。

こころ(Spirit)

こころ温まるケアを実感していただけるよう、接遇に努めます。

体制(System)

24時間365日、絶対にお断りしない体制の整備に努めます。

2016sd80_4650

2015年1月26日 (月)

第7回GHC心房細動勉強会

平成25年11月5日(水)、岐阜ハートセンター、ハートホールにおきまして第7回GHC心房細動勉強会が開催されました。

一般講演として、岐阜ハートセンター循環器内科医長の三宅泰次先生が「心房細動を診る時に~私の治療方針~」と題し講演をされました。

続いて、特別講演として国立循環器病研究センター 脳卒中集中治療科 医長の古賀 政利先生が「心原性脳塞栓症の再発予防:SAMURAI-NVAF研究」と題して講演して頂きました。

   ♡講演される三宅 泰次先生                         ♡講演される古賀 政利先生

Drmiyake4442

Drkoga0014

2014年6月24日 (火)

レジナビフェア 2014 for Resident in 東京

2014年6月15日

 

メディカル・プリンシプル社 主催のレジナビフェア 2014 for Resident in 東京に院長を含め病院をあげて参加しました。

 FIFAワールドカップ日本 vs コートジボワールにての敗戦直後であった影響もあったのか、486名の参加と昨年の593名より100名以上の減少とやや閑散とした印象でしたが、今までで最高の9人の研修医が説明を聞きにブースを訪れてくれました。参加者は関東⋅甲信越が73.6%と圧倒的でしたが、東海⋅北陸も8.3%で2位と大健闘でした。若い医師の熱意が伝わって来て、こちらが元気を頂いた会でした。

Rejinabi_2

続きを読む »

2013年12月11日 (水)

岐阜ハートセンターでの看護学実習−12.13

  2013年11月5日~12月6日までの4週間、岐阜保健短期大学看護学部3年4名が、岐阜ハートセンターで看護学実習を行いました。

 今回は、「疾病の急性期にある成人期を生きる対象者とその家族を理解し、看護の方法の実際を学ぶ」ことが目的である成人看護学実習Ⅰと、「健康問題をもつ複数の対象者への援助を通して、看護がチーム医療の中でどのように展開され、継続していくかを理解する。また、実践場面の分析をもとに、看護管理の視点に基づき、看護者に期待される役割を理解し、自己の知識・役割・技術・態度について、今後の学習課題を明確にする」ことが目的である統合実習でした。 

 成人看護学実習Ⅰでは、心臓手術や急性心筋梗塞で緊急搬送された患者様を担当させて頂き一連の看護を学びました。 実際に患者様が手術に出られる際は同行し、患者様の不安やご家族の心配に対する看護の難しさを学び、退院を控えた患者様には、退院後の生活を考えた生活指導などグループ内で話し合い、より良い援助を考えました。

 統合実習では、複数の患者様を受け持ち、安全、優先順位、時間管理を考慮した看護ケアのマネージメントを学びました。また、看護副部長や看護師長の管理者による講義に加え、話を聞いてみたいスタッフへのインタビューから、組織としての目的を達成させるための看護サービスについても学び、看護師としての責任と自覚を養うことができました。

 本当に様々な経験が、大きな成長へ繋がりました。4週間を終えた感想は、「患者様に寄り添い、思いを理解することができた」「色々な看護師の看護観を聞き、自分の看護観に反映することができた」などでした。

 実習初めには不安でガチガチだった表情も終了時には、達成感に満ちた素敵な笑顔となりました。 

 国家試験に全員が合格して、来春からはそれぞれの場で活躍されることを心からお祈り致します。

Fujita_3585

Fujita_1056

2013年5月28日 (火)

岐阜ハートセンターでの看護学実習

 

2013年5月13日から5月31日までの3週間、岐阜保健短期大学看護学部3年生4名が成人看護学実習を行いました。今回の目的は「急性期にある対象を理解し、侵襲的な治療に伴う合併症及び社会復帰への支援を考慮した看護を実践する。また、急性期における継続看護の実際を学ぶ。」

3週間の実習の中で、急性期における対象の患者様の社会背景・疾患を理解し、術前後の関わりを通して、個別性を考慮した看護を学ぶことができたと恩います。

今回の学びを今後の実習に生かしていただけると嬉しいです。

Dsc_0007kk


♡岐阜ハートセンターの医師、看護師の指導のもと、看護学の実習をする皆さん。

Training_1_0776_8Ope_4Training_with_dr_tsutiya_8Consensual_validation_4


Training_1_0776_6


Training_1_0776_4