« 胸部大動脈ステントグラフト(TEVAR)実施施設に認定されました。 | メイン | 病気と治療方法のページを新設しました。 »

2011年1月25日 (火)

冠動脈CTかカテーテル検査か?(2)

実臨床の現場で冠動脈CTの与えた影響を見てみましょう。

CT導入以前では、カテーテル治療件数の約2倍の診断カテーテル検査が行われていました(左図)。

これが機動的な冠動脈CTチームの導入によってどうなったのでしょうか?右図を見てお分かりのように明らかに診断カテーテル検査が減少し、カテーテル治療件数とほぼ同じになっています。つまり約半分の方はCT検査だけでカテーテルを行わなくてもよくなったと言えます。

CtctCtct_3